松本礼二の一覧

「松本礼二」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/04/16更新

アメリカのデモクラシー
  • ブラウザ試し読み

政治の世界 他十篇
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • アメリカのデモクラシー 第二巻(下)
    平等化・脱階級化のもたらす、家庭・個人レベルでの変化、軍隊の傾向、革命と平等化の関係性…と総まとめ。
    平等の思想が広がり実現化していく社会が生む弊害や課題について考察しており、民主主義社会の求めるもの、自由、そして国家の在り方とはどうあるべきなのか、という今日にも通づる重要な問いについて考える機会に...続きを読む
  • アメリカのデモクラシー 第二巻(上)
    民主主義国アメリカの精神的側面を主に論じている。
    平等という社会状態がどのように人々や人々の活動に影響しているか、宗教や信仰、商業的活動がどのように実践されているかなど。途中から、デモクラシーというより現在では資本主義として論じられるような社会の経済的側面を議論している。
    民主主義、平等の根付いた社...続きを読む
  • アメリカのデモクラシー 第一巻(上)
    近代の民主主義がどのように生まれたのか。
    民主主義、これが人間の手によって実現されたものであるということがなんだか奇跡のようにも感じるし、当時の人びとの偉大さに感銘を受ける。
    民主主義が、いかに今私の生きる社会を保証しているのか、その機能や原理を考えることを忘れて自然に生えてきたように存在するものだ...続きを読む
  • アメリカのデモクラシー 第一巻(下)
    国家の成立、連邦、自治など、国の在り方とはどのようなものかについて、またいろいろと考えさせられた。
    人種差別、先住民族の強制移住や文化の破壊など、現代にいたっても大きな社会的課題である事柄について、しっかりと書いているところも、時代を超えて議論ができる書物であると思う。
    どの章も面白く、一度では取り...続きを読む
  • アメリカのデモクラシー 第一巻(上)
    自分と年齢の変わらないような若者(貴族であるところが違うけど…)が新興国アメリカに視察に行ったあと書いた考察である。内容は、フランス(革命国)、イギリス(旧体制)、との比較の視点があり、わかりやすい。アメリカは○○であるが、なぜ○○かというと…という政治をしているからである。一方フランスでは…のよう...続きを読む