「草なぎ琢仁」おすすめ作品一覧

「草なぎ琢仁」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/12/26更新

ユーザーレビュー

  • オーラバトラー戦記7 東京上空
    異文化との接触を、日本とアメリカのそれぞれの反応を対比して描く。バーンの地上慣れとそれに追随できないガラリアの葛藤といらだち、二人をフォローしようとするジョクの三つ巴が、それぞれの視点で満遍なく展開していく。終盤ではやはり回避できない悲劇が待っている。アニメよりも感情移入してストーリーを追っているた...続きを読む
  • オーラバトラー戦記6 軟着陸
    地上に上がった騎士たちが、それぞれどういう風に考え、行動するかを細かく描く。性格がよく表れていて比較して読むと面白い。バイストン・ウェルという世界がどういった背景で出来上がったのかをジョクの回想から説明しており、現在の地球上にあるあらゆる問題に密接に関係していることを指摘している。
  • オーラバトラー戦記10 重層の刻
    姫たちの行動、ゲア・ガリングが登場と、いよいよ最終巻へ入る前の準備が整う。ジョクの出番は控えめに、姫たちの葛藤と行動、チャムの存在、バーンの実直さ、巨大オーラシップの準備など出来事はたくさんあって休む間もない。次の最終巻へつながる期待感はいやおうなく盛り上がる。
  • オーラバトラー戦記9 オーラ壊乱
    カットグラIIIがジャコバ・アオンからもらった剣で暴れる見せ場が盛り上がる。登場人物は全員が信念やらなにやらに一途で一概に善人・悪人と言えないところがいい。戦争はラウの国が前面に出始め、ウィル・ウィプスやゴラオンなどの巨大オーラシップが動く準備を始める。
  • オーラバトラー戦記3 ガロウ・ラン・サイン
    バーン中心のストーリーにマーベルなど新しい登場人物が加わってこれからの大展開の予感を感じさせる。ガラリアの影が薄くなりバーンの苦悩が描かれる中、ガロウ・ランが思った以上に大きい存在になっていく。これまた1日で読み終えてしまったのでこの勢いで4巻へ進む。

特集