「柏木ハルコ」おすすめ作品一覧

【柏木ハルコ】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:柏木ハルコ(カシワギハルコ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1969年11月07日
  • 出身地:日本 / 千葉県
  • 職業:マンガ家

千葉大学園芸学部卒。代表作の『ブラブラバンバン』は実写映画化された。『健康で文化的な最低限度の生活』、『いぬ』などの作品を手がける。

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/07/24更新

ユーザーレビュー

  • 愛・水族館 柏木ハルコ傑作短編集

    私的には面白かったです。

    失恋日記を読んで他の作品も読んでみたいと思い、購入しました。
    エロス的な部分と人間臭い人生色々系を持ち合わせた作品でした。
    手塚治虫の漫画も沢山読んでいて、作品の中に設定が似ているものがあり、作者も手塚治虫ファンで、参考にしたとあり、知っている作品をモチーフにされていたので興味深く拝見しました。...続きを読む
  • 健康で文化的な最低限度の生活(5)
    第5巻出ました。
    帯の言葉が「福祉がアル中に酒飲む金与えて、どーすんの!!」。依存症と生活保護について切り込む話。肝腎なところで次回へ続く。次回は冬に出るそうな。
  • いぬ(1)

    こういうのは色あせないね

    二十年前お世話になったエロ本が押入れから見つかった感じです(笑)
    全巻大人買いして、1日で読んでしまいました
    一巻だけ読んで、ありえないエロ馬鹿とか思わないでください
    徹底的な、一途な純愛エロ馬鹿女の子の生き様です
    最後まで読んだでください。爽やかな読み終わり方ができることでしょう
    多分
  • 健康で文化的な最低限度の生活(3)
    この漫画、ほんとにすごい!
    たくさん取材してるのがすごくわかる。
    丁寧な仕事ぶりが読んでいて伝わってくる。
    申請者の部屋に初めて入る時の違和感とか、衝撃はワーカー本人さんなんじゃないかと思う臨場感。
    三巻は、不正受給についてかかれていて、世間の現実とイメージとのギャップ問題を提起していると思う。高校...続きを読む
  • 健康で文化的な最低限度の生活(4)
    第4巻出ました。一気読み。家族の事情は外からはわからないことが沢山あり、語られない事も多く、経験にそくした想像力が必要なのは臨床現場ではよく経験することである。自分自身も浅はかな理解で失敗することが多く、いまだに反省することが多い。一読してふと、そのようなことを考えた。

特集