レイチェル・カーソンの一覧

「レイチェル・カーソン」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/08/30更新

ユーザーレビュー

  • 沈黙の春
    化学薬品で人間とっても害虫を取り除くのではなく、自然の生態系の仕組みをうまく利用してその外注にとっての点滴を導入することで自然に問題を解決する。そのような生物学の知見を生かした対応が人間に求められている。
  • センス・オブ・ワンダー(新潮文庫)
    とても美しく、優しい本。
    雨に濡れるシダ、引き潮の海、夜明けの鳥たちの声、一匹の虫にも雑草に咲く花にも、全てに美しさがあって、なんとなく「いいなあ」「すごいなあ」と思っていたものを言葉で表現してくれる、詩集のような作品。
    環境保護など誰も考えもしなかった時代に、庭にやってくる鳥の変化から、当時新しか...続きを読む
  • センス・オブ・ワンダー(新潮文庫)
    写真も美しく、心の栄養になる本でした。

    「わたしは、子どもにとっても、どのようにして子どもを教育すべきか頭をなやませている親にとっても、『知る』ことは『感じる』ことの半分も重要ではないと固く信じています。
    子どもたちがであう事実のひとつひとつが、やがて知識や知恵を生みだす種子だとしたら、さまざまな...続きを読む
  • センス・オブ・ワンダー(新潮文庫)
    エッセイというよりせいぶつかがくしゃのかいた詩集
    本に導かれて購入した、若松英輔の解説通りの本でした。
  • 沈黙の春
    本書は、米国の生物学者レイチェル・カーソン(1907~64年)が1962年に発表し、DDTをはじめとする農薬などの危険性を、鳥たちが鳴かなくなった「沈黙の春」という象徴的出来事を通して訴えた作品『Silent Spring』の全訳である。日本語訳は、1964年に『生と死の妙薬―自然均衡の破壊者<科学...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!