渋谷豊の一覧

「渋谷豊」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/09/20更新

ユーザーレビュー

  • ぼくのともだち
    一つ一つの行動がオチがあって面白い。友達が欲しい淋しさや人への妬みが、それが100%ではなく70%くらいの感じ。あとは自由気ままなポジティブさ!人間関係で失敗した時に読みたい小説。
  • ぼくのともだち
    人に愛されたいと願いながら、自意識の高さから人の好意を勘ぐり信じることができない。
    観察力はあるが、自分の妄想に基づいた解釈をし、誤解される行動ばかりをしてしまう。

    どうしてそこでそんなことをするのか?
    ときに読者は呆れながらも、主人公に深く共感する。

    自分を縛っている猜疑心を解き放てば楽になれ...続きを読む
  • 海底二万里 下
    上巻に勝る、驚きの旅路が続きます。
    前人未踏の海底世界へ、ネモ艦長がアロナックス教授らを導き続けます。
    ネモ艦長はあらゆる海を制覇しましたが、それは南極点を除いてのことでした。
    知的好奇心と冒険心を原動力に、彼らがそれに挑む姿が目に浮かびました。
    しかし終盤になり、ネモ艦長は復讐心をもって行動を開始...続きを読む
  • 海底二万里 上
    ネモ艦長率いる潜水艦ノーチラス号での不思議な生活が、捕獲されたアロナックス教授の語りで綴られます。
    軟禁状態といえる待遇であっても知的好奇心が手伝い、脱出したいけれど留まりたくもある葛藤が伝わってきます。
    又、私は文明社会に別れを告げ隠遁し、新たな生活と研究に没頭するネモ艦長に憧れもします。
    下巻に...続きを読む
  • 人間の大地
    人間の気高さとは何かについて書かれた本。

    p76の下記の一節は僕の座右の銘の一つになっている。

    「人間であること、それはとりもなおさず責任を持つということだ。自分のせいではないと思えていた貧困を前に赤面すること、僚友が勝ち取った栄冠を誇りに思うこと、自分に見合った石を積むことで世界の建設に貢献し...続きを読む