萬田緑平の一覧

「萬田緑平」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/12/09更新

ユーザーレビュー

  • 世界一ラクな「がん治療」
    世界一ラクな「がん治療」。近藤誠先生の著書。医師や病院に言われるがままのがん治療を受け続けることががん患者や家族にとって本当に幸せなことなのかどうか考えさせられる一冊。
  • 穏やかな死に医療はいらない
    「緩和ケア」という言葉、その意味を完全に理解してる医者が
    どのくらいのパーセンテージいるだろうか?
    「棺桶や」と影で揶揄する言葉も聞こえるという。

    人は生まれてからは、一瞬づつ死に向かうのは
    誰でも同じ。
    ましてや、大きな病を得た患者本人にとって
    残りの人生がどれだけの時間があろうと、
    自分らしく...続きを読む
  • 穏やかな死に医療はいらない
    父が食道がんで「余命数ヶ月から1年」と言われて入院してもう3ヶ月が経ちました。延命治療は父も望んでいないだろうけど「家で看取る」というのはなかなかハードル高いです。でもこの本を読んで「最後の最後は家に帰らせてあげたい」と強く思いました。出会って良かったなと思えた1冊です。
  • 穏やかな死に医療はいらない
    こんなにまでして・・。食べれなくなれば終わりというわけにはいかないのかな。と日々感じることが多かった。食べれないからと何もなしというのもそれもどうなのか。という思いもあり・・。
    けれど、在宅医療を実践している医師からの「老衰モード」が一番穏やかに逝ける、無用な点滴は体をパンパンにさせる苦しませるだけ...続きを読む
  • 穏やかな死に医療はいらない
    日本の医療制度の中での終末期医療のあり方についての方向性を示す筆者の考えに賛同できる。
    外科医としてがん治療の最前線から在宅ケア医に転進し、現状の医療の問題点を明示し人間本来の死に向かう姿勢をわかりやすく示している。
    現場のDrは、治療をやめたら死につながるから治療をやめられなく、本人の尊厳を取り入...続きを読む