「津田久資」おすすめ作品一覧

「津田久資」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/09/30更新

ユーザーレビュー

  • あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか
    ・発想の広さ = 情報量 × 加工率 × 発想率

    ・自分が考えている範囲を意識しなければならない

    ・論理思考の本質とは、言葉が本来持っている境界線としての機能を最大限に発揮させて発想を広げ、競合が見落としているアイデアを先に引き出すことなのである

    ・ツリーというのは、論理思考によってチェックリ...続きを読む
  • あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか
    MECEについて語っているだけのように読めるが、直感と論理の両面から見ることで、見落としが少なくなるという話。
    ひたすら学んでてもダメで、考えることをしなければならない。
    真剣にこれからについて何が課題なのか、どう解決していけばいいのか、考えなければならないと思った。
  • あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか
    考えるということを社会人の今になって考えなおすキッカケになった傑作。

    知識の量で秀でていても発想が凡人レベルでしかないエリートは多い。
    学ぶことに秀でていても、考えていない人は発想の広がりはない。

    著者に言葉によると「頭がいい人=学ぶのがうまい人」から「頭がいい人=考えるのがうまい人」へと知の条...続きを読む
  • 「超」MBA式 ロジカル問題解決
    ビジネスにおける重要なマインドがいたるところに散りばめられている。再度読んで理解を深める必要あり。
    ・ロジカルシンキングの目的は問題解決
    ・他社でもできることをスピードをもってやることが重要→主戦場
    ・ビジネスにおける大敵はALLorNothing、完全主義
    ・不完全な情報の下でも結論を出す
     →三...続きを読む
  • 「超」MBA式 ロジカル問題解決
    「ロジカルに考えるとはどういうことか」をシンプルかつ明確に示している。単なるスキル本ではなく、ロジカルシンキングが必要となるマインドについても語っている。働く上での軸としていきたい本。
    最後のケーススタディも読み応えがある。

    私は気軽にスラスラとは読めず、最初は忍耐が必要だった。内容は素晴らしいが...続きを読む