工藤幸雄の一覧

「工藤幸雄」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/06/12更新

ユーザーレビュー

  • 完全な真空
    最近本を読んで大笑いしたことはなかったが、これは当たりだった。面白いと思ったのは下記書評。

    ・ギガメシュ
    ・とどのつまりは何も無し
    ・あなたにも本が作れます
    ・イサカのオデュッセウス
    ・生の不可能性について/予知の不可能性について

    ここでこれらの書評の書評をするのも馬鹿馬鹿しいので騙されたと思っ...続きを読む
  • ハザール事典[男性版]――夢の狩人たちの物語
    一ヵ月ほどかけてじっくり読み切った。
    「石蹴り遊び」は子供の頃に読んだ本遊びだが、本書は事典の体裁。
    ただし単なる思い付きや目くらましではない。
    同じ唯一神を源流とする三つの宗教がいわば視点を成すので、並列することで大いなる相対主義を宣言するもの、
    といえば仰々しいが、対立を笑い飛ばしてしまえる機構...続きを読む
  • ハザール事典[女性版]――夢の狩人たちの物語
    これまでの読書体験とは一味違う新鮮な感動が味わえる。いくつものストーリーが複雑に絡み合っているので多方面から全体像を探る必要がある。これから読み返すたびに新たな発見がありそうで楽しみ。
  • ハザール事典[男性版]――夢の狩人たちの物語
    ハードカバーで女性版持ってるんだけど、何となく文庫も買ってしまった。今改めて読むと、これは電子書籍向きよね。ハイパーリンク貼りまくってたらナンボでも時間潰せる。それが原書刊行1984年ってなぁ、パヴィチスゴすぎるというか、パヴィチといいレムといい、東欧の突き抜け方ってなんだろうね。
  • 完全な真空
    文庫化されて飛びついた、
    架空の本の書評群という体裁のメタフィクション短編集
    『完全な真空』(1971年)。
    順序が逆で、後から刊行されていた《実在しない未来の本の序文集》
    『虚数』(1973年)を先に読んだので、
    多分ついていけるだろうと思って(笑)。
    収録は全16題。

    ■完全な真空
     ワルシャ...続きを読む