吉田洋一の一覧

「吉田洋一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/10/11更新

ユーザーレビュー

  • 零の発見 数学の生い立ち
    (2018年1月のブログ内容を2020年11月に転記したものです)

    ○ インドとギリシャの数のかぞえかた

    零はインドで発見されたというのはよく知られていることですが、興味があり、詳しく読もうと手に取りました。

    私たちが何気なく行っている数の計算にも実は長い歴史がありますが、その歴史の中で、「位...続きを読む
  • 数学序説
    数学の壮大な歴史を紐解きながら、その動因と繋がりを示す名著。数学への興味がないとつまらないだろうが、私にはどの章も面白かった。

    ユークリッドの幾何学の具体的な証明、代数学の萌芽、解析幾何学、微分法、取り尽くしの方法、ヒルベルトの公理主義、非ユークリッド幾何学、脱皮した代数学、直線を有理数で切る実数...続きを読む
  • 数学序説
    ユークリッド幾何、微積分から数学基礎論まで概念的なところから数学とは何かを解説する。数学の学問としての面白さに触れることのできる本。

    大学で数学を学ぶとあれよあれよという間に抽象化の度合いが高まっていく。新しい概念を手に入れると何とも言いようのない高揚感を感じることができる。その一旦を初学者にも何...続きを読む
  • 零の発見 数学の生い立ち
    [偉大なる発想の跳躍]現代においてはあまりにその存在が普通であり、それが発見されたことすら想像がつかない数字、0。その数字が発見される以前はどのようにして計算や表記がなされていたのかを学びながら、0が数学に与えた影響やそのすごさについて知ることのできる作品です。古代ギリシャ人たちの数学に対する挑戦を...続きを読む
  • 零の発見 数学の生い立ち
    数学が抱えていた基礎部分への挑戦の軌跡を著述。零の発見についてはほぼ何も書いてないに等しいが、歴史的、数学的興味は尽きない内容だ。

    記数法の確立に零が果たした役割、数値計算上の対数の威力、無限級数の和を扱う上での注意、
    幾何と代数の統一、有理数、無理数、超越数(代数的数)の自然な定義、連続性への探...続きを読む