「喜多みどり」おすすめ作品一覧

「喜多みどり」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:喜多みどり(キタミドリ)
  • 生年月日:8月31日
  • 出身地:日本 / 北海道
  • 職業:作家

2003年『天空の剣』でデビュー。『呪われた七つの町のある祝福された一つの国の物語』でビーンズ小説大賞奨励賞受賞。『西風の皇子』や『光炎のウィザード』などのシリーズを手がける。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/10/25更新

ユーザーレビュー

  • 亜夜子と時計塔のガーディアン 約束のチョコレート
    とても上手で、ずっとメモを取りっぱなしの本でした。

    今回は、亜夜子がレイに押し倒されるところから。いやほんとに。
    まあそれは、読んで確かめてもらうとして、事件は(英国紳士が日本から留学して来た淑女を押し倒すのも事件だけど)レイの友人シーモアが警察に逮捕されるのが入り口になっています。

    容疑は、切...続きを読む
  • デ・コスタ家の優雅な獣5
    今回は本気でハラハラしっぱなしでした。先に挿絵を見てしまったせいでエミリオにまた何かあるのかと…(笑)完結してしまったさみしさもありますが、ラストシーンで本当に良かった!と思いました。
  • デ・コスタ家の優雅な獣5
    感動致しました。表紙からして、ノアを選ぶのかもしれないと踏んでおりましたが途中までハラハラして読んでました。だって、選ばれなかった方がかわいそうすぎる……でも三兄弟みんなそれなりにオチについて良かったです。ロージーの目覚ましい成長に一巻のことを思い出したりしました。かっこいいな、彼女。
    マフィアもの...続きを読む
  • デ・コスタ家の優雅な獣4
    オドオドしていたロージーが、巻が進むにつれ、ここぞというときは女優のような行動ができるようになってて、主人公が成長しているのはうれしい限りです。

    市長が替わったことでデ・コスタは窮地に立たされ、身内にも裏切り者が続出。エミリオはあまり変わらないけど、ロージーだけでなくダリオもしっかりしてきて、ノア...続きを読む
  • デ・コスタ家の優雅な獣5
    すごく読み応えがある巻だったように思います。
    ロザベラ成長したなぁ……としみじみ。もう別人のようです。むしろデ・コスタに来る前の、おどおどした彼女が偽物なんじゃないかと思うくらい。
    中盤の、ダリオとリカルドとの交渉シーンはとても好きでした。ほんとに凄い。かっこいいです。
    挿し絵にあったリカルドの表情...続きを読む

特集