池田邦彦の一覧

「池田邦彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:池田邦彦(イケダクニヒコ)
  • 生年月日:1965年
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:マンガ家

『RAIL GIRL(レール ガール)~三河の花~』で第54回ちばてつや賞一般部門大賞受賞。作品に『カレチ』、『でんしゃ通り一丁目』、『シャーロッキアン!』などがある。

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/04/12更新

ユーザーレビュー

  • 漫画 働くということ
    労働の本質は自己表現への欲求だという。
    働くことを通して自分を現す、働けることの何と素晴らしいことか。

    「実社会に出る者は、その時になって初めて働く親の姿に出会う」
    まったくその通り。

    鬱々している社員へのプレゼント本。
    彼の読後に語り合いたい。
  • カレチ 1巻
    電報略号で車掌のことを「レチ」と言った。
    国鉄時代は他に荷物列車を担当する荷扱い車掌を「ニレチ」、車掌長を「レチチ」(レチチョウの略)、専務車掌は「カレチ」(リョカクセンムレチの略)と呼んでいた。

    昭和40年代後半、大阪車掌区──。乗客のために一生懸命になりすぎる新米カレチ・荻野の奮闘と成長を描い...続きを読む
  • おもいで停留所

    戦後の街

    でも主人公の頑張りは、今と何も変わらない。
    懐かしい街並みにほっこりしながらも、厳しい時代があったことを身近に感じられて、日本を立ち直した全ての人に感謝したい気持ちになりました。
    最後はちょっと泣いたな…
    もう少し続きが読みたい。一巻だけなのがもったいないです。
  • 甲組の徹 庫内手・機関助士編 1巻

    心が揺り動かされる!

    このひと変な鉄オタネタのマンガ専門と思っていましたが、大間違い。鉄オタを深めて人の心を揺り動かす実力があった。何より機関車とその仕事を緻密に描き切っていること眼を話せない。暗くなりがちの戦争話を一本、筋の通ったものにしている。小説であったとしても文句ない出来栄え。絶対の推し。
  • カレチ 3巻
    表紙の電車寝台特急なつかしい~と言っても乗車したことはなく、ただただ憧れだったけど。本巻は荻野カレチの仕事ぶりが、1、2巻とは別次元で感動させてくれる。そんな中、志織ちゃんとの出会い。チーフの奔走も微笑ましい。最終話の「ノリホ」に、赤字ローカル線の悲哀を感じる。恐らくノリホ(列車乗車人数報告書)を水...続きを読む

特集