池田邦彦の一覧

「池田邦彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:池田邦彦(イケダクニヒコ)
  • 生年月日:1965年
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:マンガ家

『RAIL GIRL(レール ガール)~三河の花~』で第54回ちばてつや賞一般部門大賞受賞。作品に『カレチ』、『でんしゃ通り一丁目』、『シャーロッキアン!』などがある。

配信予定・最新刊

作品一覧

2020/08/06更新

ユーザーレビュー

  • テツ語辞典:鉄道にまつわる言葉をイラストと豆知識でプァーン! と読み解く
    鉄道用語ではなくテツ語! 鉄道が好きな自分だが、知らない用語がけっこうあった。ほぼ毎日、楽しみながら読んだ。イラストが『カレチ』作者の池田邦彦氏なのも、すごく良かった。
  • カレチ(1)
    「JRの全身の会社」としか知らない「国鉄」という組織。
    同じ仕事内容のようで、現在とは違う部分がいろいろと見えてきます。
    アナログなことが多いからこそ見えてくる人間味を、この作品から感じられると思います。
  • 国境のエミーリャ(1)

    リアルな分断日本

    二次大戦に負けて東西に分断された日本、そして東京。東トウキョウで脱出請負人として活動する少女・エミーリャの活躍を中心に物語は展開する。鉄のカーテンの向こう側としての東日本、東トウキョウがリアルに描かれる。細かな設定も興味深く、何度読み返しても細かく作りこまれた設定に新しい発見がある。架空だが、もしか...続きを読む
  • 漫画 働くということ(1)
    労働の本質は自己表現への欲求だという。
    働くことを通して自分を現す、働けることの何と素晴らしいことか。

    「実社会に出る者は、その時になって初めて働く親の姿に出会う」
    まったくその通り。

    鬱々している社員へのプレゼント本。
    彼の読後に語り合いたい。
  • カレチ(1)
    電報略号で車掌のことを「レチ」と言った。
    国鉄時代は他に荷物列車を担当する荷扱い車掌を「ニレチ」、車掌長を「レチチ」(レチチョウの略)、専務車掌は「カレチ」(リョカクセンムレチの略)と呼んでいた。

    昭和40年代後半、大阪車掌区──。乗客のために一生懸命になりすぎる新米カレチ・荻野の奮闘と成長を描い...続きを読む