グランドステーション~上野駅鉄道公安室日常~(1)
  • 完結

グランドステーション~上野駅鉄道公安室日常~(1)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

毎日何万人も利用する日本有数のターミナル・上野駅。人、物、列車で賑わう"北の玄関口"の鉄道公安室に勤務する樋口耕平は、犯罪捜査を夢見ながら、乗客案内や酔漢対応など日々の業務に追われていた。理想と現実の間に悩みながらも相方の諸岡と今日も駅構内に立つ! 『カレチ』『甲組の徹』鉄道漫画の妙手・池田邦彦の最新作は、国鉄のお巡りさん奮闘記。

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
モーニング
電子版発売日
2016年04月22日
紙の本の発売
2016年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
85MB

関連タグ:

グランドステーション~上野駅鉄道公安室日常~(1) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年05月04日

    誰かと出会い、誰かと別れ、誰かとすれ違う毎日。その代名詞とされる駅。そこで働く公安職人の日常を通して、織り込まれた人間関係の綾を描いていく。

    なぁんてありきたりっぽいこと書いてみる。
    感傷と言ってしまっては、物語が薄っぺらい印象になるけれど、じんわり感じてしまいます。

    このレビューは参考になりましたか?

グランドステーション~上野駅鉄道公安室日常~ のシリーズ作品 全2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • グランドステーション~上野駅鉄道公安室日常~(1)
    完結
    毎日何万人も利用する日本有数のターミナル・上野駅。人、物、列車で賑わう"北の玄関口"の鉄道公安室に勤務する樋口耕平は、犯罪捜査を夢見ながら、乗客案内や酔漢対応など日々の業務に追われていた。理想と現実の間に悩みながらも相方の諸岡と今日も駅構内に立つ! 『カレチ』『甲組の徹』鉄道漫画の妙手・池田邦彦の最新作は、国鉄のお巡りさん奮闘記。
  • グランドステーション~上野駅鉄道公安室日常~(2)
    完結
    上野駅鉄道公安室の樋口耕平(ひぐちこうへい)は、駅や列車内でのトラブル対応に悪戦苦闘しながらも、日々の業務にやりがいを感じ始めていた。ある日、樋口は指導役の諸岡(もろおか)が、かつて公安職員の花形である"犯罪捜査"に携わり、樋口の父親の罪を暴いた過去を知ってしまう。公安職員の誇り、諸岡に対する疑念、そして目を背けてきた家族――。複雑な思い抱える中、樋口はある事件に巻き込まれていく――。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています