「小松成美」おすすめ作品一覧

「小松成美」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/05/20更新

ユーザーレビュー

  • 虹色のチョーク 働く幸せを実現した町工場の奇跡
    素敵なお話で、心が温まった。
    普段使っているチョークのお話だったので、親近感を持ったのだけど、従業員の7割が障害者である事実は知らなかった。
    チョークそのものは書きやすくて、硬さもちょうどいいし、ほんとに粉が出ない。色んなチョークの会社があるんだろうけど、並んでいたら一目瞭然で、つかむ部分は薄くコー...続きを読む
  • 熱狂宣言
    幻冬舎の見城社長のトークで知り、「1967」のパーティー動画を見て、一気に読みました。

    新規オープン店舗のトラブル、ご両親、ご友人の思い、部下とのやり取り、涙するシーンの連続です。

    病気を隠しながら、100店舗100業種という偉業を達成し、更に東証一部に上場する熱意。進行する病状に、毎日、全てを...続きを読む
  • 虹色のチョーク 働く幸せを実現した町工場の奇跡
    働くことによって得られる幸せ。

    私には小児マヒを患っていた叔父がいた。
    脳は正常だが、手足を動かしたりするのが難しかった。
    その叔父が選んだ仕事は、自宅で活版印刷を請け負う仕事だった。
    大きな印刷機を購入し、自宅に所狭しと設置して、拡大鏡を見ながら小さな文字を探してはタイプしていくような機械だった...続きを読む
  • 虹色のチョーク 働く幸せを実現した町工場の奇跡
    働く意味がわかりました。人間の生きる意味とも言える。
    社長も従業員もお客様も三方良しの会社ですね。
    日本全国いや全世界がこのような考え方・思想で動いていたら世界は平和になるだろう!!
    お金お金の世界では社会はいずれ破綻するだろう。
  • 虹色のチョーク 働く幸せを実現した町工場の奇跡
    今作は、会長の息子である社長、娘である秘書、障害のある職員とその家族、健常の職員といろんな人が登場するので、日本理化学工業という会社をより多面的に捉えることができます。
    働くということの基本に立ち帰れる、清々しい1冊です。