佐藤さとるの一覧

「佐藤さとる」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/04/16更新

ユーザーレビュー

  • コロボックル物語5 小さな国のつづきの話
    心が柔らかく、読んでて幸福感が増してくる。

    コロボックルが身近にいるんじゃないかと、大人になった今もそう願うように思う。
    皆が幸せになる。読んでる人も、コロボックルも、コロボックルの友達も、チィサコ族も。
  • コロボックル物語2 豆つぶほどの小さないぬ
    ハードカバーで持っていたのとそのままの挿絵。懐かしい人たちに出会ったような気持ちに「やっぱりいいなぁ」と思わずつぶやきが漏れる。有川浩さんのあとがきにもあった設定の緻密さが、この物語に真実味を与えて、夢想することの楽しさを教えてくれる。自分もお供えしてたかなぁ。会えると思っていたようにも思う。どうし...続きを読む
  • コロボックル物語5 小さな国のつづきの話
    小学生の頃に読んだ時も、シリーズの中でこの本が一番好きだったと思う。
    女性が主人公だし、コロボックルシリーズが出てくるし、本当のことかも?と、わくわくできた。
    私も「みっともない」「ヘンな子」だったから、親近感なのかな。
    コロボックルのトモダチに私もなりたいなあ‥。

    物語の中に当の物語が出てくるの...続きを読む
  • コロボックル物語3 星からおちた小さな人
    最後の「ぼくも、きみが好きさ」に思わず泣いてしまった。
    それにしてもおチャメさんときたら!
    生まれた時から不思議がそばにあると、こうなるのかしら。
    オハナちゃんも可愛いし、おチャメさんもだし、女の子が活躍したお話でしたね。
    私もコロボックルと友達になりたいなー。
  • コロボックル物語1 だれも知らない小さな国
    初版から50年以上が経つ小人を主人公にしたファンタジー小説です。
    主人公の「せいたかさん」(小人たちがつけたあだ名)とコロボックル(小人)達の交流を描いています。
    子供にも読ませたい作品ですが、それ以上に大人が読んで心洗われると思います。挿絵も作品とマッチしていて、楽しませてくれます。