「清少納言」おすすめ作品一覧

「清少納言」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/08/28更新

ユーザーレビュー

  • 枕草子 ─まんがで読破─
    まんがで読破を読破するシリーズ。
    日本三大随筆の枕草子は国語の授業の古典の導入の定番なので、知ってはいるけど、「春はあけぼの」の冒頭ぐらいしかよく知らないなと再認識。
    中宮定子との宮仕えの様子が描かれていて面白かった。
    元の夫である橘則光とのやりとりの部分は古典の授業なんかでは読んだことなかったと思...続きを読む
  • 枕草子 下
    「一体何を書こうかしらね」
    献上された真っ白な草子を前につぶやいた中宮定子に清少納言が、
    「枕頭に置いて気がついたことを書き留めましょう」
    「それならこれはお前にあげましょう」
    枕元に置いた草子だから枕草子。執筆は草子を賜ったことに始まったようです。
    宮中のしきたりや貴族達の衣装、生活ぶり、季節のこ...続きを読む
  • 人生はあはれなり… 紫式部日記
    紫式部先輩って、今で言う引きこもり、メンヘラだったのかもしれないですよね。でもそういう人だからこそ、世界に誇れる文学作品を生み出せたのかも。日記はちゃんと読んでみたいと思いました。
  • 人生はあはれなり… 紫式部日記
    かなり砕いて表現していますが、難しい原文を読むよりも、ずっとイメージしやすい。
    紫式部の人柄は、今どきのオタク気質な人たちには共感を呼ぶはずです。
    とにかく暗くてネガティブな性格なのですが、上手に生きる術を少しずつ身につけていく紫式部の姿をユーモアたっぷりに描いています。

    エンターテインメントであ...続きを読む
  • 人生はあはれなり… 紫式部日記
    なんだかとっつきにくい紫式部に親しみを感じてしまう本。
    古文だと読みにくい日記も、マンガだとさらっと読めてしまいます。
    けれども、しっかり平安時代のこともわかるし、受験生にオススメの本です☆