「清少納言」おすすめ作品一覧

「清少納言」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/08/28更新

ユーザーレビュー

  • 枕草子 下
    「一体何を書こうかしらね」
    献上された真っ白な草子を前につぶやいた中宮定子に清少納言が、
    「枕頭に置いて気がついたことを書き留めましょう」
    「それならこれはお前にあげましょう」
    枕元に置いた草子だから枕草子。執筆は草子を賜ったことに始まったようです。
    宮中のしきたりや貴族達の衣装、生活ぶり、季節のこ...続きを読む
  • 枕草子 上
    江戸時代以降に読まれるようになった注釈本「春曙抄」を底本にしており、原文、訳、評という構成になっています。注釈は訳として織り込まれているので、いちいちページを繰って参照する必要がないのが、この訳者の特徴でしょうか。
    ただ同じ訳者の「徒然草」が人の内面を補うような訳文になっていて著者の考えが分かりやす...続きを読む
  • 枕草子 ─まんがで読破─
    中宮定子の女房として、かねてより憧れていた宮仕えをすることになった清少納言。宮中で起こる華やかな日常や優雅な自然の美に触れ、充実した毎日を過ごしていた。しかし、激しい政権争いに翻弄される時代にのまれ、彼女の前には厳しい現実がつきつけられる…。『徒然草』、『方丈記』と並ぶ、日本三大随筆のひとつを漫画化...続きを読む
  • 枕草子 ─まんがで読破─
    古文は読んでも内容をしっかり把握するのが難しい面がありますが、こうしたコミックスに事前に触れているとより理解しやすいかもしれません。