「有吉玉青」おすすめ作品一覧

「有吉玉青」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/02/10更新

ユーザーレビュー

  • 恋するフェルメール 37作品への旅
    フェルメール版の「三国志男」といったら失礼にあたるだろうか.
    私自身にはそういう位置づけの書籍である.

    フェルメール愛する著者がフェルメールを求めて旅をする.その旅で起こった出来事,感じたことをつづったエッセイです.

    フェルメールを観に最初に訪れた美術館では,絵は盗難されていてフェルメール作品に...続きを読む
  • 美しき一日の終わり
    読み終わるまで有吉佐和子の娘の作品と気づきませんでした。びっくり。

    美妙と秋雨は異母兄弟として出会った。辛い幼少期を送る秋雨を哀れに思う美妙は、なにくれと秋雨の世話をするが、いつしか姉弟としての感情以上のものを抱くようになる。お互い姉弟としての領分を超えることなく年を重ねて行った。
    55年の年月が...続きを読む
  • 美しき一日の終わり
    時に無力と無知は、残酷。
    あの時代女性にはなんの力もないのだけど。
    互いに思慕の情を抱き、儚い一日を淡い想いが交差する。
    「美しき一日の終わり」
    タイトル通り、美しい余韻が残る。
  • 月とシャンパン
    20代から40代の女性を主人公にした6編の短編集。
    相手役の造形にまったく感情移入出来ず。
    そういう意味で新鮮で面白かった。
  • お茶席の冒険
    お茶のたて方が詳しく載っているいるのかな、と思いきや作者のお茶への思いがほんわかと語られている本でした。
    お茶を始める理由が人それぞれとのこと。和菓子が好きで始める人もいるらしいので、私も一瞬やってみようかと思いましたが、きっと無理だなぁー。

特集