菅原敬太の一覧

「菅原敬太」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:菅原敬太(スガワラケイタ)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本
  • 職業:マンガ家

2009年『走馬灯株式会社』でデビュー。同作はTVドラマ化されている。『マーダー・インカーネイション』の原作を手がける。

無料作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2022/06/21更新

ユーザーレビュー

  • 家族対抗殺戮合戦 6巻

    豹変

     登場人物の一人が豹変する。生き残るためにはあらゆる手を使う。家族が無慈悲に殺される。今のロシアのウクライナへの侵攻にも重なる。愛する家族がゲームによって殺される。愛する家族が戦争によって殺される。物語は佳境に入って行く。早く続きが読みたい。
  • 家族対抗殺戮合戦 7巻

    明らかになる全貌

     だんだんと謎の全貌が明らかになる。練り上げられた素晴らしい作品だ。久々に続きが待ち遠しいと思った。異空間をうまく使った物語、いよいよクライマックス。
  • 家族対抗殺戮合戦 5巻

    輪郭

     物語が進んで、だんだんとその輪郭が見え始めてきた。
     空想の世界と現実の世界、空想の世界が現実となり、現実の世界が空想の世界へと入れ替わる。
     この巻の、この終わり方では、次の巻は読まずにはいられない。
  • 家族対抗殺戮合戦 2巻

    いじめっ子

     いじめっ子になる原因は①親から虐待を受けていた②親からの一方的な価値観の押し付け③親が日常的に子供に対して批判皮肉を言う④親が子供に対して無関心、というようにいじめっ子の親に責任があるケースが多いように思う。
     さて入江謙也のケースはどれだろう。
  • 家族対抗殺戮合戦 4巻

    拡大解釈

     物語は思わぬ方向に進んで行く。
     限られた設定の中で、作者は考えに考え自分を追い込んでいるようだ。
     でもちゃんと辻褄が合うようにしているところがすごい。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!