「田中光二」おすすめ作品一覧

「田中光二」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:田中光二(タナカコウジ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1941年02月14日
  • 出身地:朝鮮
  • 職業:作家

早稲田大学第二文学部英文科卒。1971年『幻覚の地平線』でデビュー。1980年、『黄金の罠』で第1回吉川英治文学新人賞を受賞。同年、『血と黄金』で第6回角川小説賞を受賞。『歴史群像新書』シリーズ『書下ろし太平洋戦争シミュレーション』シリーズ など300冊以上の作品を手がける。

作品一覧

2016/07/29更新

ユーザーレビュー

  • 銀河の聖戦士(電子復刻版)
    事故で死亡したどうしようもない不良少年が、宇宙の大いなる意思によって別の宇宙で転生し、数百年続く星間戦争を終結させるために立ち上がる。この小説の主人公は二つの星の人たちを団結させるためにあえて対立する双方の軍隊に攻撃を仕掛けるという暴挙に出ますが、これがきっかけで両方の星は手を結びます。最後、双方の...続きを読む
  • 銀河十字軍《銀河の聖戦士パート2》(電子復刻版)
    銀河の聖戦士の第二弾。前作は宇宙艦隊が出るスペース・オペラでしたが今度は地上戦がメインでヒロイック・ファンタジー系の世界設定です。戦うことを運命づけられた一族の王子として転生した主人公は、古き契約によって無為に続く戦争を終結させるために立ち上がります。最後はまたしても死にますが、主人公は次の任地へと...続きを読む
  • 鋼鉄海峡(電子復刻版)
    少し前に伊号潜水艦が新たに海底で発見されて話題になった記憶が残っていたところに、古本コーナーで見つけた本書。
    第二次大戦のリターンマッチを実現するという、もうむちゃむちゃな設定の海洋アドベンチャーなのですが、昭和の男のロマンですね。角川映画で見たかった。
  • 山本五十六異戦録1 オアフ攻略・占領作戦

    毎度のこと

    架空戦記だから何でもありなのはいーんだ。
    むしろそれが楽しみで読んでるんだし、作者が毎度お馴染みの未来人による介入で有利になるのも悪くはない。
    架空戦記と言っても、IFではなく、転生から神様とかにチートして貰って無双するラノベに近いのも、好みは分かれるだろうけど、個人的には問題もない。
    けど、...続きを読む
  • 笑う心臓
    ロスアンジェルスで心臓移植手術を受けた順子。無事快復したものの、悪夢にうなされ、人格が変容し…猟奇連続殺人事件を絡めたオカルトホラー。途中まではなかなか面白いのだが、結末は呆気なかった。物語に様々な映画のエピソードが描かれており、物語のシーンがイメージし易くなっている。

    似たような物語を手塚治虫が...続きを読む

特集