「竹山道雄」おすすめ作品一覧

「竹山道雄」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/08/01更新

ユーザーレビュー

  • 若きウェルテルの悩み
    ウェルテル効果、という主に有名人の自殺に伴う自殺の連鎖を生む現象のこと、その元ネタ。

    数百年前のドイツで、こんな小説が出るのは衝撃だろうと思う。人間の感情をここまで赤裸々に吐露し、しかもそれが受け入れられたということ。

    理性でなく、人間的な自然な感情を肯定している、そんな感じがする。
    ロシア文学...続きを読む
  • 若きウェルテルの悩み
    主人公はどうしようもなく苦悩しているのに、詩的情熱が充溢しているためかどこまでも牧歌的。
    人生と恋愛と芸術を、人々がずっと素朴に、また真摯に愛していたのだろうな......悲劇的な結末が避けられないほどに。ドイツ的時代精神にふわーっと憧れました。
  • ビルマの竪琴
    初めて読んだのは、中学の頃。以来、何度か読み返して、手元にあるのは2冊目。
    何度読んでも、涙が出そうになる。水島は、どうして日本へ帰らなかったのか。
  • 若きウェルテルの悩み
    「もし生涯に『ウェルテル』が自分のために書かれたと感じるような時期がないなら、その人は不幸だ」。久々に読み返してみると、この言葉に納得してしまう。ウェルテル、アルベルト、シャルロッテの三角関係とその破綻というのは、主題ではあるがこの小説はそれに尽きない。田園生活の中でホメロスを読み耽るという生活の理...続きを読む
  • ビルマの竪琴
    現地に行った。赤土を踏んだ。慰霊法要をした。視界がぼやけた。

    昨年11月のインド・ミャンマー行きから帰ったら必ず『ビルマの竪琴』を読むと決めていて今回映画('56年版)も鑑賞した。
    文章やワンシーンの端々に見られるビルマの景色や人々。ついこないだ行ってたもんやからイメージしやすい。'56年版は半分...続きを読む

特集