須藤靖貴の一覧

「須藤靖貴」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2019/12/11更新

ユーザーレビュー

  • 運動会小説 走れ! ヒットン
    足が速く運動会のリレーで期待されていたヒットン。しかし運動会直前に足を骨折してしまう。「走れない私は何の取り柄もない」とおちこむヒットン。そんな中、担任の先生から「走るだけが運動会じゃないよ」と言われ、何かできることはないか、とできる事を探します。僕も「今、自分ができることは何か」日々考えながら行動...続きを読む
  • 抱きしめたい
    高校生の疾走感が最高!
    まさに青春そのもの。
    高校時代に物事に熱中している人を見ると心が熱くなる。
    今まで読んできた本で最上級におもしろい。
    最後は感動。
    みんなにオススメしたい本。
    忘れかけていた熱い思いが呼び起こされる。
  • どまんなか(3)
    大代台高校野球部が主人公の小説の完結編。
    監督のゴキゲンの突然の退職に加え、盟友ハカセのベンチメンバー洩れなどの苦難を乗り越えて、エース・レブンを中心に大代台野球部がついに甲子園出場を勝ち取る。
    三巻通じて読後の爽快感が抜群でまさに「どまんなか」にストレートを投げ込まれたような作品でした。
  • どまんなか(2)
    猛練習より猛ミーティング。投げ込みも走り込みもバントも禁止の埼玉県立大代台高校の活躍を描く作品の第2巻。
    監督のゴキゲンの理論と部員たちの工夫で春の埼玉県大会を快進撃し、関東大会まで勝ち進む大代台高校野球部に衝撃の事件が!
    一巻に続いて懐かしさを感じさせる野球部ひ描写にページをめくるスピードも増した...続きを読む
  • どまんなか(1)
    走り込みも投げ込みも禁止、猛練習より猛ミーティングという大代台高校野球部に入部したピッチャーのレブンを中心に弱小野球部が甲子園を目指すというストーリー。
    やや荒唐無稽な部分も見られるけど、監督のゴキゲンの理論が面白く、また練習や普段の野球部の活動の描写が懐かしく感じられ楽しんで読めた。
    舞台が埼玉県...続きを読む