「渡部潤一」おすすめ作品一覧

「渡部潤一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/03/10更新

ユーザーレビュー

  • 小学館の図鑑NEO+ぷらす [新版]くらべる図鑑

    素晴らしい図鑑

    絵と写真としては大きさ小ささの違いがはっきり比べて載せてありました。判りやすくておもしろくて読むのを止められないですね。文章だけではどれだけ大きいか小さいか分かりにくいので曖昧です。文章だらけの本より図鑑の本がいちばん判るし楽しいですね。
  • ―新書で入門―新しい太陽系
     読みやすいのに非常に中身が濃くて,なんで今まで読んでなかったのかとかなり後悔。天文少年だったころ,胸をときめかせた思い出なども魅力的だし,無味乾燥なデータの羅列などは一切ないし,非常に読ませる本になっている。
     本書は,冥王星が惑星から外された翌年の2007年に書かれている。執筆の目的の一つは,過...続きを読む
  • ―新書で入門―新しい太陽系
    身近な月やお馴染みの惑星たちから、新たに発見された、一万年周期で太陽の周りを巡るセドナまで。まだまだ広がりを続ける太陽系の不思議さ、面白さに触れられる一冊。
  • ―新書で入門―新しい太陽系
    冥王星が太陽系惑星から外れたのは何故か?この疑問に明快な答えをくれた本であります。冥王星が惑星じゃなくなると聞いた時は「たった1000人くらいの人達でそんな大切な事決めちゃったのかよ!」って思ってたんですが。実際にその協議に携わっていた方の本なので。何で冥王星が惑星ではなく準惑星になったのか、非常に...続きを読む
  • ―新書で入門―新しい太陽系
    面白いっすねえ、太陽系。自分たちが暮らす地球が属する太陽系は、宇宙からみれば小さな存在ですが、それでも知っていることはホンのわずか。まだまだ夢がいっぱいです。地球の仲間たち=惑星について、最新の知見を踏まえて、すごくわかりやすく解説してあります。カラーの口絵も、太陽系惑星への興味を大いにそそるもので...続きを読む