「高橋順子」おすすめ作品一覧

【高橋順子】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/06/02更新

ユーザーレビュー

  • 夫・車谷長吉
    高橋順子 著「夫・車谷長吉」、2017.5発行。高橋順子さんが車谷長吉さんとの出会いから結婚、永遠の別れまでを日記風に記した追悼の書、三回忌に間に合うようにまとめられたそうです。高橋順子さんが1つ上の奥様、48歳と49歳、どちらも初婚、純愛そのもののお二人です。結婚して2年4ヶ月、車谷さんが強迫神経...続きを読む
  • 永遠の詩01 金子みすゞ
    普通に過ごしているうちは目に入ってこないものたちに向ける、優しい眼差し。
    金子みすゞの詩は、そんな慈しみに溢れています。

    日常の風景を美しく切り取る作家の言葉も好きだけど、こんな風に見えなかったもの達の素朴な美しさや佇まいをたった数行で示してくれる詩人の言葉にも、いつの間にか胸を突かれる歳になった...続きを読む
  • 永遠の詩02 茨木のり子
    心に、ぐっと迫ってくる詩ですね。

    詩は、あまり…ほとんど読みませんが…
    こういう詩があるんだな~と、

    ひとつひとつ、詩の背景の解説もあるので、
    より、わかりやすく、初心者に良いです。
    掲載している詩集名ものっているので、
    それぞれを借りたくなりました。
    著者の年齢的な、時代背景などでも、詩の内容...続きを読む
  • 永遠の詩06 宮沢賢治
    このシリーズを読んでいてほんとうに思うことは、詩というのは教科書でとりあげられた一編だけで良い悪いを判断できるものじゃないんだ、ということです。詩集を一冊読まないとわからなかったです。「永訣の朝」がこんなに切実で美しい詩であったということ。今にも溶け落ちそうな、霙のように澄んで美しい詩集ですね
  • 永遠の詩07 萩原朔太郎
    こころをば何にたとえん を表紙にもってくればよかったのに!と思いました 笑
    今まで読んだ詩人さんのなかで一番ピンとくるひとでした。
    「言葉にならないものを言葉にしようとした」という説明がすべてのような気がします。
    表現が大変たおやかですね。
    第一詩集の「月に吠える」をまとめて読んでみたい…