「水谷竹秀」おすすめ作品一覧

「水谷竹秀」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/11/24更新

ユーザーレビュー

  • 日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」
    読む前から何となくこの本の存在は知っていたが、女性を追って常夏のフィリピンで自堕落奔放に過ごす中高年男たちのルポだと思っていた。(副題は知らずに)本書で取り上げている困窮例もなかには混じるだろうけど、おおむねが「日本を捨てて」フィリピンで第二の人生を謳歌している人たちの話だと思っていた。
    ところが取...続きを読む
  • だから、居場所が欲しかった。バンコク、コールセンターで働く日本人
    自分も、この登場人物の方達のように、「はじかれる」可能性なんて、当たり前にある

    60点を切った人間は、社会から必要とされない。
    日本社会は、ある角度から見ると、減点主義が徹底している社会です。

    多くの日本人は、満点の100点から始まりますが、
    コミュニケーション能力、性格、
    容姿、そして「場の空...続きを読む
  • だから、居場所が欲しかった。バンコク、コールセンターで働く日本人
    名著「困窮邦人」の水谷さんの待望の新作。
       
    前作への感想文で、僕は「次のテーマ、「現地採用」の若い日本人が何を目指すか、ってのはどーすか?」と書いた。実はその頃にはとっくに実現していたこの企画。今回はバンコクの「コルセン」で働く「ゲンサイ」の人たちがテーマ。
      
    水谷さんの著書を際立たせてい...続きを読む
  • 日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」
    著者の新作を読んで興味を持ったのでこちらも読破。
    似たような内容だったので、話も被っているのだろうと思っていたがそれでも面白かった。深夜特急を始めて読んだ時の感触だろうか、脳内で妄想や理想、ユートピアへの憧れといったものがエンドルフィンに変わり、幸せな気分を味わうようなアレである。
    ただその憧れを現...続きを読む
  • 脱出老人 フィリピン移住に最後の人生を賭ける日本人たち
    安倍政権は安全保障関連法案ばかりに目を向け…とか、従軍慰安婦問題とか戦後補償問題のような左巻きのネタがポコッと出てきたときに違和感がありました。著者はもしかしたらそっち系の方なのかもしれませんが、それにしてもその他の内容(メインの移住の話)は非常に面白かったです。
    特に巻末にある著者の締めくくりから...続きを読む