脱出老人 フィリピン移住に最後の人生を賭ける日本人たち

脱出老人 フィリピン移住に最後の人生を賭ける日本人たち

作者名 :
通常価格 759円 (690円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

高齢化社会の将来を占う渾身ルポルタージュ。

一年中温暖、物価は日本の3~5分の1、やさしく明るい国民性、原発ゼロ、年の差婚当たり前。日本で寂しく貧しく苦しい老後を過ごすなら、いっそのことフィリピンで幸せな老後を送りたいと、日本脱出の道を選んだ高齢者たちは少なくない。はたして、老後の楽園はフィリピンにあるのだろうか。

果たして、現実は……。

恋人候補200人のナンパおじさん、19歳の妻と1歳の息子と、スラムで芋の葉を食べて暮らす元大手企業サラリーマン、東日本大震災を機に、東北から原発ゼロのフィリピンに移住した夫婦。ゴミ屋敷暮らしだった母親をセブ島に住まわせる娘、24歳年下妻とゴルフ三昧の元警察官。90歳の認知症の母親をフィリピン人メイドと介護する夫婦、「美しい島」で孤独死を選んだ元高校英語女性教師……。さまざまな「脱出老人」のジェットコースター人生を、開高健ノンフィクション賞受賞作家が、フィリピン&日本で3年間にわたり徹底取材した衝撃のノンフィクション。

「老後の幸せ」「人間の幸福感」とは何かを浮き彫りにする、話題作。
解説は、映画監督の崔洋一。

※この作品は過去に単行本として配信されていた『脱出老人』の文庫版となります。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
小学館文庫
ページ数
320ページ
電子版発売日
2019年05月16日
紙の本の発売
2019年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

脱出老人 フィリピン移住に最後の人生を賭ける日本人たち のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年06月01日

    親の介護がチラつく世代として、興味深く読みました。老後の幸せとは? 医療だけでは幸せになれない。人との繋がりが幸せの鍵となるのは確かだ。自分も親も老後をどう過ごすのか、真剣に向き合ってみたい。まずは、疎遠になっていた実家への連絡を増やしていこう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月15日

    老後に海外移住する高齢者の実態を取材した本。当然良い面悪い面があり、フィリピンに移住した人々のその後が描かれている。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

小学館文庫 の最新刊

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング