日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」

日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
紙の本 [参考] 660円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【開高健ノンフィクション賞受賞作】常夏の国フィリピンで、困窮生活を送る何百人もの日本人男性がいる。フィリピンクラブで知り合った女性を追いかけてきた男、偽装結婚のカモにされた男……所持金ゼロ、住む家もない彼ら「困窮邦人」に手を差し伸べるのは、フィリピンの貧しい人々だった。男たちのすさまじい生き様を通して現代日本の問題点をあぶり出す、渾身のルポルタージュ。第9回開高健ノンフィクション賞受賞作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2014年05月23日
紙の本の発売
2013年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
9MB

日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年11月28日

    オタクは読むべし!とおすすめされて読みましたが、なんと言ったものか…と読み終えて考え込んでしまうような本でした。(そして解説が橘玲っていうのにも納得)

    金も友達も家族も親も国も全部捨てて、プライドと虚栄心は持ち続けて、自分自分自分…どこまでも自分中心にしか考えてない。助けてくれるフィリピン人への感...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月08日

    海外で所持金を使い果たし、帰国もできず、路上生活を強いられる困窮状態の日本人を「困窮邦人」と呼ぶ。本書はフィリピンの男性困窮邦人5人を中心とするルポ。

    5人はいずれもフィリピンパブにハマり、日本で稼いだ金をフィリピン女性に貢ぎ、フィリピンまで追いかけ、持ち金がなくなり放り出される。いくらひいき目に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月07日

    読む前から何となくこの本の存在は知っていたが、女性を追って常夏のフィリピンで自堕落奔放に過ごす中高年男たちのルポだと思っていた。(副題は知らずに)本書で取り上げている困窮例もなかには混じるだろうけど、おおむねが「日本を捨てて」フィリピンで第二の人生を謳歌している人たちの話だと思っていた。
    ところが取...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月09日

    著者の新作を読んで興味を持ったのでこちらも読破。
    似たような内容だったので、話も被っているのだろうと思っていたがそれでも面白かった。深夜特急を始めて読んだ時の感触だろうか、脳内で妄想や理想、ユートピアへの憧れといったものがエンドルフィンに変わり、幸せな気分を味わうようなアレである。
    ただその憧れを現...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月03日

    「困窮邦人」という存在を知ったのは一昨年(2012年)とある経済雑誌の海外移住特集記事を読んだのがきっかけだった。その記事の内容としては日本と比較して圧倒的な生活費の安さや年中温暖な気候などの理由から海外(フィリピン)に老後移住したものの、資金不足や海外ならではの予期せぬ事態で生活が暗転した人たち、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月07日

    フィリピンには困窮した生活を送る何百人もの日本人男性がいる。彼らの生活に迫りながら、フィリピンと日本の両方を丹念に取材した質の高い一冊。

    フィリピンパブにのめり込み女を追いかけて日本を飛び出し、フィリピンの教会で寝泊まりする日本人のホームレス。偽装結婚のカモにされた男や、借金から逃れるため日本から...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月30日

    著者はあとがきで、困窮邦人の存在を「自己責任」と考えるか「明日は我が身」と考えるかに分かれるとかいているが、自分は断然「明日は我が身」派だ。困窮邦人に限らず国内でも、自分がいつ貧困に陥るか分からない。そんな閉塞感をこの日本に感じている。

    「幸せとは何か?」

    この問いの答えは著者だけでなく自分にと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    メイシェ 2020年04月29日

    海外生活は甘くないです。恋愛という激情に駆られて他国へ行っても、やはり現地語を学び地に足をつけて生活すべきだったと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月29日

    開高健ノンフィクション賞を受賞した作品ということで気になっていた作品ではあるが、タイトルからして、どうせリベラル寄りからの単純な社会批判の作品だろうと放置してきた。
    しかし、暇なので読んでみたところ、なかなか面白かった。確かに、時折、日本社会の構造に疑問を投げかけている部分もあったが、可能な限り事実...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月14日

    海外で無一文になる。そんなこと、想像したこともなかったけれど…
    フィリピンで「困窮邦人」として生きる人の多さ、その人たちが高齢であること、そして、その生活の実態に驚かされた。
    海外で暮らす身としては、理解できないながらも、まったく無関心でいられるわけもなく・・・
    著者同様、「自己責任」という言葉が頭...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています