だから、居場所が欲しかった。バンコク、コールセンターで働く日本人

だから、居場所が欲しかった。バンコク、コールセンターで働く日本人

作者名 :
通常価格 1,512円 (税込)
紙の本 [参考] 1,728円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「お電話ありがとうございます。○○社の△△です。ご注文ですか?」陽光溢れる、東南アジアのタイ、バンコク。高層ビルの一角にあるコールセンターでひたすら電話を受ける日本人がいる。非正規労働者、借金苦から夜逃げした者、風俗にハマって妊娠した女、LGBTの男女……。生きづらい日本を離れ、彼らが求めたのは自分の「居場所」。フィリピン在住の開高健ノンフィクション賞作家が現代日本の現実をあぶりだす問題作。【目次】プロローグ/第一章 非正規の「居場所」/第二章 一家夜逃げ/第三章 明暗/第四章 男にハマる女たち/第五章 日陰の存在/エピローグ

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社学芸単行本
ページ数
288ページ
電子版発売日
2017年11月24日
紙の本の発売
2017年09月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年12月23日

自分も、この登場人物の方達のように、「はじかれる」可能性なんて、当たり前にある

60点を切った人間は、社会から必要とされない。
日本社会は、ある角度から見ると、減点主義が徹底している社会です。

多くの日本人は、満点の100点から始まりますが、
コミュニケーション能力、性格、
容姿、そして「場の空...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年12月02日

名著「困窮邦人」の水谷さんの待望の新作。
   
前作への感想文で、僕は「次のテーマ、「現地採用」の若い日本人が何を目指すか、ってのはどーすか?」と書いた。実はその頃にはとっくに実現していたこの企画。今回はバンコクの「コルセン」で働く「ゲンサイ」の人たちがテーマ。
  
水谷さんの著書を際立たせてい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年12月06日

エピローグに筆者の思いが凝縮されているのだろう。

日本の生きづらさ、が問題意識の核にあるのだろうか。
海外にいてこそ、それを語れるような気もするが、それは日本に特有なものなのかどうか。

ひとつひとつのエピソードは、それなりに興味深いが、全体として訴えかけるものが、少し伝わりづらいと感じた。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play