「西條剛央」おすすめ作品一覧

「西條剛央」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/06/05更新

ユーザーレビュー

  • 人を助けるすんごい仕組み
    構造構成主義を専門とする西條さんが、東日本大震災で行ったボランティアの様子(人を助ける様子)をまとめた本です。

    ボランティアそのものよりも、ボランティアの仕組み、ボランティア団体の組織の作り方・運営の仕方が「すんごい仕組み」になっています。

    「状況」と「目的」に応じて「方法」を決める、という...続きを読む
  • 人を助けるすんごい仕組み
    先日のITx災害会議でいただいた一冊。東日本大震災のときに「ふんばろう東日本」のプロジェクトがどういう経緯であれだけの支援ができたのか、とても参考になる未来につながる一冊だと思います。日本人みんなにオススメしたい。構造構成主義、この考え方は本当にどこでも活用できそうですね。震災以降も災害は続いている...続きを読む
  • チームの力 ――構造構成主義による“新”組織論
    組織論を扱った本としては、非常に内容が洗練されていて濃い。
    常に原理を優先させていれば、誤った方向には行かないのだ。
    全ての行為は目的を達成するための手段である、など至言の数々。
    前著「すんごい仕組み」が実践編かつ、レポート的位置付けだったので、それらのエッセンスを完結にまとめてくれた本書の方が構造...続きを読む
  • チームの力 ――構造構成主義による“新”組織論
    これは面白かった。
    構造はとてもシンプルなんだなと思う。理論的、方法論的にまとめられている感じもあるけれど、その割には実践ですぐに使えそうなアイディアばかりで、役に立ちそう。
  • チームの力 ――構造構成主義による“新”組織論
    チームが機能した時、しなかった時、
    それぞれを振り返った時の原理原則がここに書かれていました。

    応用がイメージできない体験談を聴くより、
    行動がイメージできない学説を聴くより、
    この本を読むことをおすすめします。