「夏野剛」おすすめ作品一覧

「夏野剛」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/11/08更新

ユーザーレビュー

  • なぜ大企業が突然つぶれるのか 生き残るための「複雑系思考法」
    ITにより社会は複雑系の社会へ一変した。日本企業は複雑性への対応ができていない。
    複雑系のキーワードは創発、自己組織化、外部経済性、外部脳。
    創発の例:三人寄れば文殊の知恵
    自己組織化の例:Googleの検索結果
    外部経済性の例:アップルのAPI公開
    外部脳の例:SNSでユーザーの声を取り込み製品開...続きを読む
  • グーグルに依存し、アマゾンを真似るバカ企業
    ブレがなく明確で読んでいて気持ちがよかった。そしてやる気が出てきた。しかし日本の現状や会社の姿を想像すると、悲しくなってもきた。それはやっぱり今のトップではなんとなくダメっぽいのに気付いてしまっているからだろう。でもそこで悲観してはいけない。自分で何とでも出来る時代なのだから。
  • 夏野流 脱ガラパゴスの思考法
    夏野さんらしいストレートなメッセージが含まれる素晴らしい内容だった。

    ここが変だよ日本人という点を夏野さんがズバっと物申し、あるべき姿や現実的な理想を提案している。

    【国のヘン一例】
    ・一国の首相が軽々しくできない約束をし、やっぱりできなくてもそのままそのポジションに居続けるのはヘン。
    ・嫌がら...続きを読む
  • なぜ大企業が突然つぶれるのか 生き残るための「複雑系思考法」
    自分用キーワード
    大原農園(ネット直売をしている) アラブの春 複雑系 体にフィットするソファ 雁の群れ ステルスマーケティング(簡単に見破られる) 外部経済性 ポジティブ・フィードバック アンブレラ経営 ガラパゴス化 エルピーダの破綻 リンクトイン 労働者健康状態調査 「石の上にも三ヶ月」 前例主...続きを読む
  • なぜ大企業が突然つぶれるのか 生き残るための「複雑系思考法」
    iモードの生みの親である夏野氏の著書。多角的、且つ的確に企業や経営の趨勢を分析。著者の視点には多々関心させられる。 が内容に対して本のタイトルにやや違和感あり。