「楠木新」おすすめ作品一覧

「楠木新」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/07/13更新

ユーザーレビュー

  • 定年後 50歳からの生き方、終わり方
    60歳の定年までまだ7年あるが、最近、50歳を過ぎたあたりから定年後のことが気になりだした。

    この本は、特にサラリーマンの男性をターゲットに書かれたもので、自分は当てはまる。
    長年組織に守られて生きてきたサラリーマンは、所属する組織がなくなると急に孤独を感じることになる。
    定年後のことは45歳くら...続きを読む
  • 人事のプロが教える 働かないオジサンになる人、ならない人
    働かないというか、働かない社会人の分類。
    大きく4種類に分類されていたが、頷ける点も多く、また、その原因に目が向けられつつ、気を付けていける点が記載されているのが参考になる。
  • 定年後 50歳からの生き方、終わり方
    定年後にどうするか考えさせられ、参考になった。

    目新しい話が多くあるわけではなく、どこかで聞いたことがあるような内容が多いが、定年後をテーマに網羅的にまとめていること、実際に多くの人にインタビューして得た気づきに基づいたり多くのデータや書籍をベースにしているのが説得力を高めている。

    印象に残った...続きを読む
  • 定年後 50歳からの生き方、終わり方
    仏典には「臨終(死)について学んでから、他の事を学ぶべきだ」とあるという。

    著者は、大学院卒業後生命保険会社に勤務し、定年を迎えた後この本を出版した。
    人生の折り返し点を過ぎたら、「死」から逆算して人生を考え生き抜いていくのだというのが本書のテーマだ。

    脇目も振らず働いて一人前の社会人として実力...続きを読む
  • 就活の勘違い 採用責任者の本音を明かす
    元企業での採用担当者であり、実子の就職活動を客観的に観察した視点から、現在の就職活動のあり方や問題点、対処法を助言している。
    実子との二人三脚で取り組んだ就職活動を記した本はとても珍しく、自分としては初めて読んだ。
    それだけに冷静に状況を観察しており、ヒントとなることがとても多かった。