石弘之の一覧

「石弘之」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/01/29更新

ユーザーレビュー

  • 感染症の世界史
    いくつかの感染症をピックアップし、その経緯、ルート、またどんな型があるかの解説がある。
    新興感染症については、だいたいが他の動物経由で人に移り変異するため起こるのが多く、「人と森とがちかくなったこと(人口爆発、土地開発)」、「人と人とが近いこと(都市での密集)」、「人やものの移動が多いこと」から広が...続きを読む
  • 感染症の世界史

    読み易い

    コロナ禍でマスコミやインターネットでのつぎはぎだらけの知見しかなかった者にとっては、参考となる本でした。
    これからの時代では、この本に記載されている感染症に関する内容は、大人としての最低限の知識としなくてはいけないように思います。
  • 砂戦争 知られざる資源争奪戦
    非常に興味深く読むことができた。

    「砂」なんてどこにでもあるじゃないか?
    なぜこれが資源なのだ?

    という興味で読んだのだが、まさに「砂」は「資源」だった。

    我々の町や建物を作るにはコンクリートが必要だ。
    そのコンクリートを作る為には良質な「砂」が必要なのだ。

    「砂」といってもどこにでもある砂...続きを読む
  • 感染症の世界史
    感染症とヒトとの関わりを丁寧かつわかりやすく分析した本。

    これまで知っていた歴史の知識に感染症という線が加わることで、新たな見方ができたのが一番面白かった。例えば、
    ・東西交流は感染症の交流。東から西にペスト、西から東に天然痘やハシカ。欧州のペストの起源は中央アジア。
    ・ペストの人口減で小作の地位...続きを読む
  • 感染症の世界史
    元の本は2014年刊行。増補した文庫がH30(2018)年初版。大きく感染症と人類史の関係、そして代表的な感染症についてその歴史を書いたもの。最後の「今後、感染症との激戦が予想される地域は?」の部分ではまず中国(もう一つはアフリカ)が挙げられており、まさに今回のCOVID-19流行をも予言した形にな...続きを読む