高橋豊の一覧

「高橋豊」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/04/22更新

ユーザーレビュー

  • 死との約束
    久々のクリスティ。支配的な老女が殺され、殺人が疑われる。殺人が起こるまでは丹念な老女の家族の描写が続く。
    事件が起こってからはポアロの尋問タイムの始まり。関係者の証言を組み合わせてから事件の真相を暴く。クリスティらしいミスリードで犯人らしき人が次々と変わるとても読み応えのある一冊だった。
  • 死との約束
    もし、隣の人の話がうっかり聞こえてしまったら、どうしましょう。
    まして、殺人計画の話を聞いてしまったら。


    名作が多いアガサ・クリスティーの中で、自分は知らなかった『死との約束』。
    他の本を置いてけぼりにして、買って一気に読みました。


    冒頭に、いきなり『いいかい、彼女を殺してしまわなきゃいけな...続きを読む
  • 死との約束
    原作と三谷さんのドラマで、どんな変更点があるのかが知りたくて読みました。
    (黒門ホテルとか…)

    伏線が美しい。
    文学に「美しい」って変かもしれないけど、そう感じました。
  • 死との約束
    天才的。
    ポアロの遠回しな推理披露会も悲しい結末も不自然な謎の合理的真相も全てが天才的。
    クリスティーのいる地球でクリスティーのあとに生まれた自分に感謝する。

    【読みやすさ】9
    【衝撃】10
    【推し度】10
    【引き込まれ度】10
    【クリスティーへの感謝】10
  • 死との約束
    心理的な分析が多く残されていて、好奇心をそそられる展開だった。登場人物が美男美女という設定もなんか嬉しい。

    ボイントン夫人からサラに向かって言われたセリフの真意が暴かれた時はドキッとした!
    伏線がかなり念密に描かれていて楽しかった。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!