吉田正仁の一覧

「吉田正仁」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2019/07/05更新

ユーザーレビュー

  • 時速5キロの歩き旅 リヤカー引いてアフリカ縦断
    ‘リヤカーの人‘吉田正仁さんの二冊目。
    一冊目よりも格段に読みやすくなっている。ペースになれただけかもしれないけれど…。
    車でもきついであろうアフリカ縦断を、徒歩(リヤカー)で敢行。自然はもとより、治安も当然よくはない。でも、歩く。一種の依存状態なんだろうなぁ。
    起こった出来事、そして、それに対する...続きを読む
  • 時速5キロの歩き旅 リヤカー引いてアフリカ縦断
    すごい!
    アフリカ大陸を(危険地帯以外)ほぼ歩きのみで踏破するなんて、すごすぎやる。写真では笑顔の子どもたちからの投石や物乞いもかなり傷ついたそう。
    助けてくれた優しい人々もいたそうだ。
    水や食料を得ることや、安全に休む場所、病気や犯罪にあうリスクや考えただけで私には無理だ。
  • 時速5キロの歩き旅 リヤカー引いてアフリカ縦断
     すべての荷物をリヤカーに積んで、エジプト・アレクサンドリアから南アフリカ・喜望峰まで歩く、約1年間の徒歩の旅。
     歩いていけるんだ、世界はそれなりに平和で安全なんだと思う一方、ケニア北部では治安の問題でどうしても歩けなかった地域があり(そこは、他の、例えば自転車で同様のコースを旅している旅人たちも...続きを読む
  • リヤカー引いて世界の果てまで 地球一周4万キロ、時速5キロのひとり旅
    4年半をかけて、リヤカーを引きながら世界を一周した筆者の旅行記。
    ゴール後、変わったところは距離感だけと謙遜しているが、それこそが筆者を人間として大きくした証拠だと思う。
  • リヤカー引いて世界の果てまで 地球一周4万キロ、時速5キロのひとり旅
    久々に感涙.ニート青年が一念発起,リヤカーで世界一周.無謀とも思える試みに不信感を抱きつつ読み進めていたが,すぐに彼へのエールに変わった.読みやすく,かつ面白い.オススメします.
    以下あらすじ(巻末より)
    ダメな自分と決別すべく、愛車(リヤカー!)とともに旅に出た。ブルガリアで凍傷による指切断の危機...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!