太田モアレの一覧

「太田モアレ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:太田モアレ(オオタモアレ)
  • 性別:男性
  • 職業:マンガ家

2007年、『囚われクローン』がアフタヌーン四季賞にて四季賞を受賞しデビュー作品となる。『魔女が飛んだり飛ばなかったり』などの作品を手がける。

無料作品コーナー

作品一覧

2020/04/07更新

ユーザーレビュー

  • 寄生獣リバーシ(1)

    原典読者なので、

    興味を持って購入。
    まずは意味深な導入。
    此処からどう持って行くのか、傾注。
  • good!アフタヌーン 2015年4号 [2015年3月7日発売]
    トウテムポールさんの読み切り目当てで買いました。もう読めないと思っていたので嬉しいです。東京心中や或るアホウの一生、他の読み切りもほんと面白い。
  • 寄生獣リバーシ(1)

    面白い!

    この作品は、「寄生獣」の裏の話です。本編と一緒に読んでいただけたら、もっと面白いと思いますのでぜひ本編のほうもご購入下さい。
  • 寄生獣リバーシ(2)
     マンガというのは絵と文字で物語を語る媒体である。文字で語れるのになぜ絵を入れるのかということになれば、圧倒的な絵の力を示さねばなるまい。
     『寄生獣』のパラサイトは絵で見せることに圧倒的な利点がある。それはそれとして、『リバーシ』では語りを入れず、表情や動作で感情を語ろうとしているようだ。
     主人...続きを読む
  • 寄生獣リバーシ(3)
     主人公のタツキは『寄生獣』で出てきたパラサイトを見分けることができる連続殺人犯のように、パラサイトが勘でわかるのだ。『寄生獣』の連続殺人犯は人の命を奪い続けてきたがために、人とそうでないものの見分けがつくようになったといった説明がなされていたと思うが、タツキについては能力の由来は語られない。
     彼...続きを読む