三浦明博の一覧

「三浦明博」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/02/14更新

ユーザーレビュー

  • 盗作の報酬
    感心しすぎてまともな感想が出てこない。
    どこまでがフィクションで、
    どこからがノンフィクションなのか
    頭の中で迷ってしまう。
    少なくともこのフィクションは
    とてもよく出来ていて
    その視点で書くには相当な構成調整があったのでは
    と無粋にも勘繰ってしまうくらいに
    とても興味深いストーリー構成でした。
  • 滅びのモノクローム
    すこぶるよくできた作品。

    読後、解説を見て江戸川乱歩賞受賞作品と知る。受賞は伊達じゃないと納得。ミステリの面白さはもちろん、戦争の悲惨さを伝える社会性も備えており、一気に読み終えてしまった。

    骨董市で売られた古い釣り道具が、戦時中の封印された犯罪を暴き出す。過去と現在を結ぶ展開は見事だった。戦争...続きを読む
  • 感染広告
    あっという間に読破!犯人は最初から絞られてる感あったけども。個人的には広告業界の仕事の進め方の部分に興味を持って読めた。著者が広告業界出身ということで納得。
  • 感染広告
    『バドバーグ』
    キャンペーン中のビールの名前を叫び、自殺した男。そして、同じ様な自殺が続く。
    なぜ、彼らは自殺をするのか、そしてキャンペーンとの関係は?

    主人公の堂門 修介は、中堅広告代理店のディレクター。
    大手ビール会社の商品『バドバーグ』のリニューアルキャンペーンの責任者を任され、張り切ってい...続きを読む
  • 感染広告
    会社人としての誇りと恍惚と理不尽と。いろんなところで主人公に、その周辺の登場人物に共感できました。一番共感できないのはヒロインだったというのはナイショ。^^;
    個人的には「これは絶対SFじゃない、って内なる声が言ってるんだけど、それはどうしてか」って問題の方が大きいです。