「前屋毅」おすすめ作品一覧

「前屋毅」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/06/02更新

ユーザーレビュー

  • ブラック化する学校
    自助論にもあるように国のレベルを決定するのは国民の質である。その国民の質を高めるための教育に必要な教育者の現状がこれでは日本の先行きは極めて暗い。書類の簡略化だけでも何とかならんものかと思ってしまう。
  • ブラック化する学校
    小中学校の問題点について教諭の視点から論じた本。問題点を見る視点が、現場サイドに寄った視点が多く、もう少し行政側の議論状況を説明して欲しかった。

    ただ、文科省については、法科大学院やゆとり教育の見直し、文系不要論など、迷走した政策が多くてもともと不信感が大きかったが、そんな不信感をさらに決定づける...続きを読む
  • 全証言 東芝クレーマー事件(小学館文庫)
    4094161937  254p 2000・1・1 初版1刷
    〇 顧客と企業の立場が逆転した節目を感じます。
    X 証言の食い違いがあまりにも多く、検証があいまいになってしまっているところが非常に残念。
  • 全証言 東芝クレーマー事件(小学館文庫)
    「クレーマー」という言葉が定着したのはこの事件がきっかけか。当事者双方への取材を行って、かなり客観的に書かれてはいるが結局は双方の言い分は平行線のまま。話が拗れた原因もお互い様のような気がするな。
  • ブラック化する学校
    学校の先生がいかに働きすぎで疲弊しているかを書いた本。

    教師はやること多すぎるし責任重いし大変なんだなと思わされる。
    大学時代の教師になった友人が「部活もあるし時間が全然ない」と言っていた。その時は「へーそうなのかな?」と思って生返事くらいの対応をしてしまったが、この本を読んでいたらもう少し共感し...続きを読む