「大嶽秀夫」おすすめ作品一覧

「大嶽秀夫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/05/08更新

ユーザーレビュー

  • ニクソンとキッシンジャー 現実主義外交とは何か
    [特異な二人三脚]米中接近、米ソ間のデタント(緊張緩和)、そしてベトナムからの「名誉ある撤退」をはじめとして、アメリカの外交において特筆すべき役割を果たしたニクソン大統領とキッシンジャー大統領補佐官。「リアリズム」と評される二人の外交政策の背後に控えていた理想主義・ナショナリズムにスポットを当てなが...続きを読む
  • ニクソンとキッシンジャー 現実主義外交とは何か
    ウォーターゲート事件の印象が強いニクソンだが,本書では彼が主導した三つの
    外交成果(対ソ緊張緩和,対中接近,ベトナムからの名誉ある撤退)に絞って,
    その世界史的意義を論じていく。タイトルに反してキッシンジャーはかなり脇役。副題の方が内容をよく表している。
    反共の闘士として頭角を現しながら,中道政策を...続きを読む
  • ニクソンとキッシンジャー 現実主義外交とは何か
    ニクソン政権における外交政策を
    米ソ、米中、米越戦争を題材に読み解く一冊。
    米ソ中の大国間における外交取引を
    それぞれの立場を細かくフォローしつつ説明しており、
    複雑さを感じさせつつも分かりやすく解説する。
    外交の難しさや各国の内政事情把握の困難さがよく伝わる。
    また、時折示されるドゴールの影響、対...続きを読む
  • ニクソンとキッシンジャー 現実主義外交とは何か
     ニクソンが構想し、キッシンジャーが理論化した、バランスオブパワーを基軸とする現実主義外交。ソ連とのデタント、中国との国交樹立、ベトナム戦争からの名誉ある撤退がテーマとして取り上げられている。
     そこでは、冷徹な計算、国益の追求から、イデオロギーが反する国家とも手を結ぶ、国民の支持を確保しつつ、兵を...続きを読む
  • ニクソンとキッシンジャー 現実主義外交とは何か
    京都大学名誉教授(政治学)の大嶽秀夫(1943-)によるニクソン・キッシンジャー外交再考。

    【構成】
    第1章ニクソン・キッシンジャー外交の基盤
     1 「外交大統領」
     2 準備期間と在任期間の長さ
     3 ニクソン・キッシンジャーの国際秩序観
     4 ニクソン・キッシンジャー外交の本質と評価
     5 パ...続きを読む