日本とフランス 「官僚国家」の戦後史

日本とフランス 「官僚国家」の戦後史

作者名 :
通常価格 1,221円 (1,110円+税)
獲得ポイント

6pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

日本とフランスは先進国の中でも、左右のイデオロギー対立が極めて長く続いたという共通性を持つ。また共に強固な「官僚国家」であり、エリート主導によって経済成長を達成した点も同じだ。本書は、両国の政治過程とイデオロギー対立の変遷をパラレルに追いながら、グローバリズムの隆盛と左派の没落、エリート主義と大衆主義の相克といった戦後の政治潮流を考察する。二つの「官僚国家」の70年の軌跡から民主制の未来を見据える試み。

ジャンル
出版社
NHK出版
ページ数
256ページ
電子版発売日
2017年05月08日
紙の本の発売
2017年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

日本とフランス 「官僚国家」の戦後史 のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています