「梅田悟司」おすすめ作品一覧

【梅田悟司】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/10/07更新

ユーザーレビュー

  • 「言葉にできる」は武器になる。
    コピーライターの方が書いたということで、
    てっきり伝え方の本だと思い手に取ったが、
    全く違った。
    「はじめに」の章でそれに触れられており、
    この本のコンセプトを読んで一気に引き込まれてしまった。

    この本の中では、「内なる言葉」と「外に向かう言葉」に言葉の種類を分けており、
    主に「内なる言葉」を磨く...続きを読む
  • 「言葉にできる」は武器になる。
    ・人は考えているようで思い出している。
    ・脳をCPUに例えるなら「記憶域」と「思考域」がある。
    ・考えているのではない。頭の中で内なるコトバを発している。
    ・↓思考の深さ/→思考の方向性
    ・←本当に?/↓なぜ?/それで自分はどうする?
    ・国語は社会学
    ・時間軸
    人称軸
    事実軸(事実or思い込み?)
    ...続きを読む
  • 「言葉にできる」は武器になる。
    2017.4.8
    実に分かりやすく、今の自分に必要な内容だと思った。言葉にできないもどかしさを最近よく感じていたけれど、実際には言葉にするだけの思考ができてないというのにはかなり納得。忙しさや時間のなさを嘆くのは結局は言い訳、自分時間をきちんと確保して自分との対話を大事にしようと思う。
  • 「言葉にできる」は武器になる。
    ・言葉の重要性を説く本は多数あるが、本著はコミュニケーションのための語彙力ではなく、自分の「内なる言葉」を重要視し、自分の本質を明らかにするために「言葉」が必要だと説いている。
    ・表面的なテクニックではなく、自分の想いを「言葉」を使って明確にすることで、結果的に相手に思いを伝えることができるようにな...続きを読む
  • 「言葉にできる」は武器になる。
    7つの習慣の、インサイドアウトそのもの!
    上っ面じゃなくて本質を変えていこう、その為に読む本です。

    個人的に、「自分を大切にする」が、よーやく解ったきっかけの本!!ちゃんと自分の話を聴いていこうと思いました☆

    【A書評】
    内なる言葉を拾い続ける、癖をつける。
    その為にも意識していくだけでなく、自...続きを読む