「言葉にできる」は武器になる。

「言葉にできる」は武器になる。

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

人を動かすために「心地いい言葉」はいらない! 自分の思いをどうやって「言葉」にして「伝える」か? 人の心を動かす「表現」には秘密があるのか? 「うまく自分の言葉で話せない」「人の心に刺さる表現力を身につけたい」――志や思い、自分のなかにあるビジョンを言語化するために何をすればよいのか? そんな悩みを抱えている全ての人に、いま注目のコピーライターが独自の手法をわかりやすく開示する、人の心を動かす言葉の法則。
 人は、その言葉の中に自分の思いを発見したときに心を動かされるのであり、技巧を凝らした表現などいらない。自身が手がけた広告コピー、古今東西の有名事例を、「メッセージとしての明確性」「そこにいかに自分を投影するか」「伝えたい想いをいかに生み出すか」という視点から分解、「意志を言葉に込める技術」を解説する。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネススキル
出版社
日経BP
掲載誌・レーベル
日本経済新聞出版
ページ数
256ページ
電子版発売日
2016年10月07日
紙の本の発売
2016年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

書店員のおすすめ

話ベタだったり、人にうまく伝えることに自信のない人におすすめの1冊である。著者の言う「言葉にできなかったり、うまく言えないのは、言葉にできるほど考えていないからである」という件があるが確かにその通りだと思う。「頭の中で考えているだけでは本当に考えていることにはならない」と人に伝えるということはトレーニングが必要だと・・「まずは自分の中にある課題を設定し書き出してみる」とある書き出すことで頭の中が整理され、必要なものとそうでもないものを分類することができる。昨今ネット現代社会では他者と議論するなどの風潮ではなく会話というトレーニングの機会が減ったことにより「人に伝える」ということに不安をもっている人も増えたと思う。まずは「自分との対話」が大切で「頭の中に浮かんでは消える言葉を捕まえる」習慣を身に付けることそしてその言葉を「可視化すること」で思考が磨かれていく。考えることのトレーニングの大切さを教えてくれる名著である。

「言葉にできる」は武器になる。 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年04月21日

    1.キャッチコピーを考えたり、人に響く言葉遣いをしなければならない機会が増えたので読みました。


    2.自分から発する言葉は「思考の上澄みでしかない」ため、自分の意志を正確に伝えることはとても難しい行為です。ただ、本書ではそれだけが目的ではありません。「内なる言葉」に目を向け、自分自身への問いかけを...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月15日

    「伝えよう」と思ってどんなに言葉を尽くしても、実は、「伝わっていなかった」を何とかしようとしているのが、この本の目的です。

    「伝わっていない」、「伝わった」のレベルを細分化すると段階的に整理することができる
    ①不理解・誤解 ⇒ ②理解 ⇒ ③納得 ⇒④共感・共鳴

    伝わらないのは、自分の頭の中にあ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月01日

    「言葉を生み出すために必要なのは、動機である。」

    心から湧き出た言葉が人を動かし得る。
    だから常に自分の心の中を言語化して、
    外に出す練習が必要。

    これからは小手先のテクニックではなく、
    自分の言語化によって、人が動く言葉を生み出す。

    「人の心を動かすのは、話している本人の本気度や使命感であり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月19日

    「言葉が意見を伝える道具であるならば、まず意見を育てる必要がある」
    自分の話し方・プレゼンにすごく迷っていた時期に出会った本です。それまでは伝え方のハウツー本を読み漁り、テクニックばかり気にしていました。
    でも自分が本当に求めていたことは、「相手に伝わる」ことではなく、その先に「共感・共鳴」を生み、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月03日

    言葉には「外に向かう言葉」と「内なる言葉」がある。 「外に向かう言葉」は誰かに伝えるために書いたり声にあげて伝える言葉。「内なる言葉」は自分の頭の中の考え。「内なる言葉」が薄っぺらく考えが浅はかだと、自信をもって人に伝えられない。 言葉を武器にして強くなりたい!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月31日

    「内なる言葉」に向き合うという発想に感動した。この本と出会えてとてもうれしく思う。

    思えば、今まで外側ばかり繕っていた。中身がない言葉を紡いでしまっていた。
    自分の乱暴な言葉遣いが嫌いだけど、直すことはできなかった。この本を読み、内なる言葉、頭にぽっと浮かぶ言葉が乱暴なままだからだと気づいた。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月14日

    筆者が心がけていることを参考にし、自分自身の内なる言葉を育てていこうと思った。思いを言葉にする手法(①言葉の型を知ること②思いをさらけ出す心構え)は大変、参考になった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月12日

    伝えたいことが頭にあっても
    言葉が出てこず
    話が止まってしまうことがよくあった。
    そんな「内なる言葉」があるというのには
    すごく共感した。
    すごく共感したので早速実践してみた。
    でも初めてだからか…なかなか難しい。
    とりあえず習慣化することが大事!
    自分の時間を作り
    自分と向き合っていこうと思います...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月09日

    言葉を伝えるための「テクニック」「技法」はもちろん有効だが、そもそも伝えるべきことを自分が理解し把握していなければ、意味がない。

    自分の「内なる言葉」に意識を向け拡張し外へと紡ぎ出す。

    文章術や伝える技術について書かれた本は数多くあるが、ここまで丁寧に本質に触れて書かれたものはそう多くはないので...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    内なる言葉

    いたぽい 2021年02月02日

    内なる言葉に耳を傾けるくせをつけることで、発信する言葉に力が生まれる

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

日本経済新聞出版 の最新刊

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング