やってもやっても終わらない名もなき家事に名前をつけたらその多さに驚いた。

やってもやっても終わらない名もなき家事に名前をつけたらその多さに驚いた。

作者名 :
通常価格 1,188円 (1,080円+税)
紙の本 [参考] 1,320円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

家事をしていたら、いつの間にか1日が終わっていた……。
それもそのはず。家事なんて無限にあるんだから!

「世界は誰かの仕事でできている。」「バイトするなら、タウンワーク。」
などを生み出し、著書『「言葉にできる」は武器になる。』
で有名なコピーライターが、そんな無限にある名もなき家事に名前をつけました。

「よくぞ言ってくれました! ありがとう!」
「うなずきすぎて首もげるかと思ったwww」
「こんなに旦那に読ませたいと思った本は今までにない」

など、共感の声が殺到し、累計PVが1200万を超えた
Twitterの投稿「育休を取って気づいたこと」
をベースに、無限にある名もなき家事を言語化し、名前をつけ、
より共感を得られた70個の名もなき家事を1日の流れに沿って紹介しています。

そして、各項目に家事経験者からの「ワンポイントアドバイス」と
名前を書くだけで家事分担表に早変わりする「チェックリスト」を掲載しました。


家事をがんばる全ての人に贈る、
読むだけで心が楽になる1冊です。

「家事は女の仕事」なんて時代は、もう終わった――。

ジャンル
出版社
サンマーク出版
ページ数
191ページ
電子版発売日
2019年09月24日
紙の本の発売
2019年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
39MB

やってもやっても終わらない名もなき家事に名前をつけたらその多さに驚いた。 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年10月23日

    やってもやっても終わらない名もなき家事に名前をつけたらその多さに驚いた。。梅田悟司先生の著書。家事なんて簡単だとか、家事なんて大したことがないだとか、専業主婦や専業主婦は優雅で羨ましいだとか、と上から目線で偉そうに決めつけるのは簡単だけれど、家事の数は数えきれないほどある。性別関係なく家事は平等に分...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月29日

    「外で働く男性が育休取って家事をした体験談」だから説得力があると思う。専業主婦が訴えても聞いてくれないものね。私は家に居るとうつ状態になり外で元気に働く人。逆に夫は外でうつ状態と闘いながら働き家で月イチ位は掃除をしてくれる人。夫は嫌々やってやってる感満載。この本読んで、私だってうつ状態でこんなに家事...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月17日

    それあるある家事がたくさん。
    イラストもあり、サクサク読めました!
    時間のとりづらい主婦にはありがたい!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月30日

    よく読んでみると「これ家事ちゃうやん」と思うものも少なくなかったけれど、日常の家事のあるあるが表現されていて面白かったです。

    下のほうにちょこっと書かれてある家事ワンポイントがけっこう参考になります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月25日

    こうしてリストアップしてみると「名も無き家事」ってほんとに多いね。うちではその問題は起きないなってこともあれば、あるあるってことも。たとえば、「リ・ポジショニング」「突然の濡れ場」「モンクの叫び」「健全な朝帰り」「裏の世界」「メモ・メモリー」「大げさな声かけ」「直角回転」などはあるある。「冷たい警告...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月06日

    数えてみたけど半分くらい(たしか31個)当てはまった。どれをやってない、じゃなくて日々どれだけ知られてない、カウントされてない家事をやってるか知って肯定するための本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月03日

    2019年11月8日


    名もない家事から出る負の副産物
    文句というか、ストレスが溜まるというか。
    これは家事に含まれるのかなあと思うけど
    そのネガティブさも、名もない家事の辛さというところなのかしら

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月25日

    「えっ、そんなことも!」と気づかせてくれる何かがあるに違いないと期待して読んだのだが、残念ながらなかった。
    内容的には、家事をしていれば起こりうる事柄をいちいち「~という家事」と言ってるだけ。
    逆に言うと、家事をしていなければイライラすることのない出来事が羅列されている。

    家事をしていれば毎日こん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月15日

    あるあるから、んーこれは横着したせいで手間増やしているだけでは?という家事まで。でも面白い。夫にも読ませたい。部分的に。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月07日

    70の名もなき家事がコミカルに書かれているが、まだまだ氷山の一角で、細かいタスクはこの何十倍も存在する。とはいえ、家事の大変さを少しでも理解しようという視点をもつ著者の視点は、とても素晴らしいと思う。家事は家族みんなで分担したい。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています