首藤瓜於の一覧

「首藤瓜於」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:首藤瓜於(シュドウウリオ)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本 / 栃木県
  • 職業:作家

上智大学法学部卒。代表作であり、デビュー作は『脳男』。第46回江戸川乱歩賞受賞作で、映画化された。ほかに『事故係 生稲昇太の多感』、『刑事の墓場』などの作品を手がける。

無料作品コーナー

作品一覧

2021/05/08更新

ユーザーレビュー

  • 大幽霊烏賊(下) 名探偵 面鏡真澄
    上巻のラスト、つまり第二部の第一章である「大幽霊烏賊」の、悪夢か妄想のようなストーリー、その異様な迫力と不気味さに圧倒されました。

    病院の一室に閉じ込められていて、主人公の使降
    が勝手に「黙狂」と名付けている身動きしない患者や、院長、副院長、看護長の何か隠し事をしているような不穏な雰囲気も気になり...続きを読む
  • 脳男

    脳男

    奇想天外!想像もつかないストーリー!一気に読んでしまいました(*^^*)
  • 指し手の顔(上) 脳男2
    「指し手の顔 脳男Ⅱ」(首藤瓜於)電子書籍版を読んだ。
    こ、これは!
    かなりの問題作ではなかろうか。この後、物語はどこへ向かおうとしているんだ?
    しかしその向かう先がどのようなものであれ、最後には愛が勝つに違いない。
    と思わずには居られないのである。
    あー面白かった。
  • 脳男
    予想に反してストーリーに引き込まれてしまった。シリーズの続きを読みたくて、早速購入してしまいました。
  • 指し手の顔(下) 脳男2
    「人間はね、恐怖に駆られるとなにかに頼りたくなるの。なんでも良いからできるだけ大きな物の陰に隠れたくなるの。でもそれは自分の意志を誰であれ他人に明け渡すということよ。わたしは人間が人間であるのは誰にでも意志の力が備わっているからだと思っている。だから他人に意志を明け渡してしまったらその人はもう人間と...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!