大幽霊烏賊(上) 名探偵 面鏡真澄
  • 値引き

大幽霊烏賊(上) 名探偵 面鏡真澄

作者名 :
値引き価格 551円 (税込) 10月4日まで
通常価格 788円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

昭和の初め、日本の精神医学界を黎明期からリードしてきた養父院長が作り上げた愛宕市の葦沢病院。その数ある病棟のなかでもとりわけ厳重な隔離室には不思議な患者がいた。新米医師の使降醫は、博覧強記の天才・面鏡真澄とともに謎の患者の正体を探るが……。現実と非現実が錯綜する精神医学ミステリー。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2015年07月10日
紙の本の発売
2015年06月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2015年07月30日

昭和の初め頃の精神病院が舞台で、日常でいながら非日常的な独特の雰囲気に魅入られます。
第二部の「大幽霊烏賊」は、おぞましさと不気味さにクラクラしながら読みました。

詳しいレビューは下巻を読み終えた後で。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年06月20日

首藤瓜於らしい奇異に満ちた、兎に角、一筋縄では行かないミステリー小説である。タイトルも変わっているのだが、登場人物の名前も皆、変わっている。使降に面鏡、養父、老鼠、穂鹿、常呂…

昭和初期の精神科病院に赴任して来た新米医師の使降醫と面鏡真澄が厳重な隔離室の謎の患者の正体に迫る。

毎回、怪しいという...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年04月19日

4月-9。3.0点。
昭和の精神病院。前半は、癖のある医師・患者たちの
紹介的な物語。
中盤から、病院が隠そうとするある患者を中心に、
物語が進む。
題名にもなった、大烏賊は前半終盤に。
後半へすすむ。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play