「ベリエ・ヘルストレム」おすすめ作品一覧

「ベリエ・ヘルストレム」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/02/28更新

ユーザーレビュー

  • 制裁
    人は誰かのために何かを為すことは多分できない。だから社会は不完全だ。でもその社会の中でしか生きられないのも人なのだという矛盾を強く感じる。
    テーマは重いし、救いはないし、読むのが辛いけど読まなきゃいけない気がしてとても疲れる一冊でした…
    あと訳がやはり素晴らしい。北欧ミステリなのに誰が誰だかわからん...続きを読む
  • 制裁
    アンデシュ・ルースルンド&ベリエ・ヘルストレム『制裁』ハヤカワ文庫。

    2007年にランダムハウス講談社より刊行されたグレーンス警部シリーズ第1作を、著者による改稿を反映した上で再文庫化とのこと。既にランダムハウス講談社版を読んでおり、再読となる。

    日本人作家であれば、薬丸岳が取り上げそうなテー...続きを読む
  • 三秒間の死角 下
    アンデシュ・ルースルンドとベリエ・ヘルストレムによるエーヴェルト・グレーンス警部シリーズ作下巻。
    犯罪組織からすれば販路の拡大、警察からすれば闇の組織の一網打尽をそれぞれ期待されて刑務所への潜入捜査を開始したパウラ。と思ったらあっさりとタレコミ屋だということがばれ、更に命の危険さえも感じる状況に陥る...続きを読む
  • 三秒間の死角 下
    刑務所モノで警察モノ

    上巻は少々リズムに乗りにくい。犯罪者が警察のスパイであるという独特の背景が北欧のドンヨリ感にマッチして妙に思い上に、シリーズ主人公の今までの物語を知らないと理解できない文章(俺はシリーズこの作品が初読)が多くて手こずる。

    ところがこの重ったるい上巻が見事な伏線を張っていて、...続きを読む
  • 三秒間の死角 下
    登場人物の名前になかなか慣れなかった。
    でも話の内容は、凄い!(*゚Д゚艸)の一言につきる。
    常に緊張感がつきまとっててハラハラさせられっぱなしだった。
    何をやってるのかわからなかった行動が後半ピースがハマるように意味を持ってきて、途中、グレーンズに、頼んだよと祈り、最後、なんとも言えない展開で

    ...続きを読む