【感想・ネタバレ】LIFESPAN(ライフスパン)―老いなき世界のレビュー

書店員のおすすめ

いつまでも若くいたいというのは誰しもが思う叶わぬ夢かと思います。
自分自身、20代後半に差し掛かり体力の衰えを端々で感じる今日この頃ですが、
本書ではそんな老化に対する常識を科学の観点で覆しています。
著者のデビッド・A・シンクレアによると、数々の科学的な研究結果を集結させることで“老化を病”と捉え、その予防ができて健康寿命を延ばすことができると。

正直いくら科学的に証明されているとはいえ、信じがたい事実を受け入れられませんでした。
が、シンクレアの実際の写真を見ると年齢には見えないほどに若々しく、まさにタイトルのごとく「老いない身体」の入手に成功しているように見えてしまいます。
本書では実際にシンクレアが実践している老化予防法も紹介されていますが、同時にその効用については保証しないと明言されています。そんな臨床試験が成功していれば人類の健康寿命はとっくに伸びているからと。ただ、「全くなにもしなかったらどうなるかを知っている」として未来の自分に掛ける姿には信じてみるのも有りかなと思ってしまう自分がいます。

ブックライブ書店員

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

Posted by ブクログ 2023年07月12日

5~7歳になると死は例外なく訪れると全ての子供が悟る。増えたいという原始細胞の根源的な欲求。サーチュイン遺伝子。長寿に対する遺伝子の影響は低い。遺伝子を次世代に受け渡せる程度の寿命。老化は1つの病気。肺炎、インフルエンザ、胃腸病、結核が死因の半分以上。サーチュイン遺伝子。酵母すごいな。今井すごい。山...続きを読む中すごい。マウスすごい。寿命やワクチンも昔は違った。NMN。リプログラミング技術と倫理観。デザイナーベビー。新しい価値観を花開かせる要因としては旧来の見方に頑なにしがみついていたものが世を去るのが1番大きい。王立協会の紋章の下「言葉によらず」老化という診断を受けられるようになった!世界を変える勇気を持とう。ああ、生物学者になりたかった。もっと勉強すれば良かった。

0

Posted by ブクログ 2023年05月10日

自分の健康について考えるきっかけになり、生活の習慣や食事など様々なことを改善することができた。その点だけでも本書を読む価値はあったと思う。また、老化や寿命といったこれまで変えようもないと思っていた人生観を全く新しいものにアップデートすることもできるので、知的好奇心を満たすための書物としてもとても面白...続きを読むい。万人にオススメしたい。

0

Posted by ブクログ 2023年05月01日

老化の原因と若返りに関する研究家であり、知られるハーバード大学医学大学院で遺伝学の権威ですでもある、デビット・A・シンクレアによる著書で、「老化」に関する一冊。本書では「老子」は病気であり、抑制することができるという。前半はDNAや遺伝子など様々な研究からの知見が書かれており、理解はできないが生物の...続きを読む進化に関する「カークウッドの理論」の話はとても面白かった。中盤からは、実際に「老化」を抑えるためにどのような食事や運動、行動、また薬が良い効果をもたらす可能性が高いかが示されている。また、後半では、「老化」の抑制が社会にもたらすメリットとデメリットをあげ、この研究に対する世間や他の研究者からの批判にも真摯に対応している。
本書で紹介されている、健康寿命を伸ばすための行動を鵜呑みにするわけではないが、取り入れられるものは取り入れてみたいと思った。

0
ネタバレ

Posted by ブクログ 2023年03月15日

老化研究の最先端を知ることが出来る。遺伝子工学の複雑な解説になるが、現状でもできることを簡単にまとめると
・摂取カロリーを減らす(野菜を摂る)
・くよくよ悩まない
・運動する
にまとめられるのがさっぱりしている。
マウス研究でわかっているものが実用化されるまで壁が非常に非常に高いのはわかるけど、実費...続きを読むでも実現されないかなあと願ってしまう。
記載内容を少し調べようと思うと、怪しいサプリや偽医療みたいのがうようよ出るのがいただけない。

0

Posted by ブクログ 2023年01月27日

老化に考えを大きく変えてくれた本だった。老化を病気という位置づけでとらえて、治療対象とするもの。老化の原因は、いまいち読んでもよく分からなかったが、情報伝達として、デジタル(ゲノム)、アナログ(エピゲノム)があるという考え方はとても興味深かった。健康に対する意識が向上し、健康寿命を長くするために意識...続きを読むしていきたいと思った。ランニング、食事など。

0

Posted by ブクログ 2023年01月26日

第1部
エピゲノムの変化が老化の原因
ゲノムをピアノ、エピゲノムをピアニストに例えるとイメージしやすい

外交的であればあるほど長生きし、悲観的な人や精神疾患者は早く死ぬリスクが大幅に高まる

「老化の情報理論」
若さ→DNAの損傷→ゲノムの不安定化→DNAの巻きつきと遺伝子調節(つまりエピゲノム)...続きを読むの混乱→細胞のアイデンティティの喪失→細胞の老化→病気→氏

体がどれだけ年老いているかを確かめる簡単な検査
腕立て伏せ、46歳以上の場合、20回を超えられたらたいしたもの
「座り立ちテスト『SRT)」裸足で床に座り、両足をクロスさせる、そのまま素早く体を前に傾けて、一度で立ち上がれるか

股関節骨折、糖尿病はヤバい

老化は一個の病気である

第2部
「長寿食」野菜や豆類や全粒の穀物を多く摂り、肉や乳製品や砂糖を控えること

間違いなく確実な方法、食事の量や回数をへらせ
栄養失調や飢餓状態ではいけない
長期のカロリー制限が健康寿命を延ばす助けになる
制限は早い年齢ほど伸び幅があるが、40歳過ぎたあたりからがおすすめ
ただし、大変なカロリー制限にこだわる必要はない
間欠的断食
朝食を抜いて遅い昼食をとる「16:8ダイエット」
週に2日はカロリーを75%に減らすもの「5:2ダイエット」

加工した赤身肉は特にいけない
肉や乳製品の摂取量を減らす

運動
週に約6.5〜8キロ走るだけでも良い
1日に5〜10分程度軽くランニング
高強度インターバルトレーニング(HIIT)
寒い中での運動も良い
ときどき多少のストレスを与えてホルミシス効果を発揮させることが、長寿への道

タバコ、電子レンジで加熱したプラスチック、亜硝酸ナトリウムで処理された食品、放射線は老化を早める

老化を治療する薬
ラパマイシン、但し、長期にわたって大量に摂取すると、腎臓を損なう、免疫系が抑制されてしまうおそれもある、ラパログは似たようなもので毒性が低い
メトホルミン、主に糖尿病に対しての薬なのだが、健康寿命を伸ばすようだ、しかも安い
レスベラトロール、赤ワイン(白ワインには入っていない)
NAD増強分子、NRやNMN、NMN はサプリメントとして買える
わずか数錠の薬を飲むだけで、健康寿命が大幅に延びる時代は間違いなく来る

90歳を超えれば、がんで死亡するリスクが急激に下がる

未来の選択肢①老化細胞を除去する
老化細胞除去薬「セノリティクス」
未来の選択肢②レトロトランスポゾンを封じ込める
未来の選択肢③免疫系を活用するワクチンを使う
未来の選択肢④細胞のリプログラミング
iPS細胞(山中因子)これが老化のリセットスイッチになる
但し、倫理問題が孕んでいる

医療
CAR-T療法、免疫チェックポイント阻害療法、DNA解析(MinION『ミナイオン))、バイオモニター、バイオトラッキング、

第3部
WHOの『ICD-11』に新しく「老齢」という疾患の分類コード(MG2A)が入った

著者が実践していること
・NMN1グラム(1000ミリグラム)、レスベラトロール1グラム(自家製ヨーグルト(ブラボー・バイオティック・ヨーグルト)に振り入れて混ぜる)、およびメトホルミン1グラムを毎朝摂取
・ビタミンDおよびK2の1日推奨量を摂取し、83ミリグラムのアスピリンを服用
・砂糖、パン、パスタの摂取量をできるだけ少なくする
・1日のどれか1食を抜くか、少なくともごく少量に抑えるようにする
・数ヶ月に一度、血液採取、数十個のバイトマーカをみて、食物や運動で調整
・毎日できるだけ歩く、階段を使う、ジムでバーベルあげやジョギング、サウナして水風呂に浸かる
・植物をたくさん摂取し、ほかの哺乳類を口にするのをなるべく避ける、運動した時には肉を食べる
・タバコは吸わない、電子レンジにかけたプラスチックや、過度な紫外線、レントゲンやCTスキャンを避ける
・日中と就寝時は、涼しい場所にいるようにする
・BMIを保つ、著者は23〜25

サプリメントは評判のいい大手メーカーで、できるだけ純度の高い分子(目安は98%超」で、ラベルに「GMP」の文字が記載されているもの

感想
予想外に面白い内容だった。
早くこれが世界中に広がって欲しい

0

Posted by ブクログ 2022年09月09日

健康寿命を伸ばし、病気なく幸せに暮らすために普段から実践しておきたい食習慣は、以下のとおりです。

① 野菜、豆類、全粒穀物を多く摂る
② 肉、乳製品、砂糖を控える
③ 食べる量や回数を減らす

3つめの「食べる量や回数を減らす」には抵抗がある人も多いかもしれません (私を含め) 。ですが食と健康に...続きを読む関する長年の世界の研究結果では、少食が健康のヒケツだということがすでに明らかになっています。

いままで一日3食を毎日しっかり食べていた人は、これから少しでもいいので一度に食べる量や、一日の食事回数を減らすのを実践してみてください。

ちなみに本書では、間欠的に食べる回数を減らすことが推奨されています。

ex)
■2日おきに一日2食の日を設ける
■毎週日曜日だけは断食する

など。

とはいえ、いきなり食事を大幅に減らすのはさすがにしんどいと思います。なのでまずは週末だけ一日2食にするとか、茶碗に盛るご飯の量を今までよりちょっと少なめにするとか、ほんの小さく始めてみるのはいかがでしょうか?

老化を防ぎ、病気の心配なく健やかに生きる食習慣を実践していきましょう!

0

Posted by ブクログ 2022年08月21日

ある程度理解するまでに三回ほど読まなくてはならなかった。恐ろしく長い時間がかかった。

・食事回数、量を減らす
・必須アミノ酸の摂取量を極力減らす
・野菜、豆類を沢山摂る
・運動する 

実践すべきことを簡単に書いてしまうとこれだけだが、この本の良きところは実践法などではなく、老化や人生に対する考え...続きを読む方や見つめ方を変化させられるところだろうと思う。
読む前は老化が病気などと眉唾だとしか思えない。
だが、読んでしまえばその考え方が誤っていたと気付く。専門的な用語や解説がこれでもかと登場し、難解な部分もあるが、本書を読む、読まないとでは家族や自分の健康寿命に間違いなく差が出るといっても過言ではない。

0

Posted by ブクログ 2022年05月11日

クラス対抗演劇大会で、戦争モノの脚本を選んだ(勝ち取った)クラスがその感動的な内容故に必然的に優勝するようなもので、“まじめに“寿命の延伸をテーマとした本書が低評価になるはずがない(この”まじめに”が厄介だったりするのだが)。これほど実効的に「人生を変えた一冊」になり得る本も珍しい。

0

Posted by ブクログ 2022年05月07日

難しくて長い。ただ、人類と自分にとっての健康寿命を伸ばすための方法論が事細かに書かれていてとても勉強になりました。

0

Posted by ブクログ 2022年03月15日

「見た目の若さではなく、真の『健康寿命』を求める」

アンチエイジングという言葉だけが先走りして、私たちは老化がもたらす病気などの負の結果を真剣には考えていないようです。巷に溢れる「アンチエイジング」と謳った商品をファッション感覚で次から次へと試して若く見せようとしても、細胞レベルの老化阻止にはなっ...続きを読むていないかもしれません。
私が本書を手にし、シンクレア博士のYou Tube動画を視聴するまでは「老いと病は、生きている限り避けられないもの」だと思っていました。しかし、老化の速度を遅らせることは可能であり、それによって様々な病を回避できることを知りました。それでも、老化という自然の摂理からは逃れられないと考える人は多いかと思います。
私たちは両親をはじめ祖先から受け継いだ遺伝子の影響を受けていると言われますが、意識的に生活環境を変えることで体内の遺伝子を変化させることができます。それがエピゲノムです。もちろん、サプリを飲んで変化できるほど簡単なことではありません。
本書を手にしたとき、老化防止のためにすべき多くのことがこの分厚い本に書かれているに違いないと覚悟して読み始めました。しかし、一般的な健康法が書かれているだけです。でも、実際にそれを継続することは、現代社会では難しかったりします。博士の老化防止のルーティーンを詳しく知りたい方はYou Tube動画を視聴することをおすすめします。インタビュー形式で、詳細に回答しているものがいくつかあります。そして、博士が4,5年前よりも外見が若くなっていることにも気づくはずです。
本書では、シンクレア博士の今までの研究内容、、現在取り組んでいること、そして一番興味深い彼の未来の展望が社会問題と絡めて熱く語られています。
これまで、老化研究にはなかなか資金が集まらならなかったという理由もあり、この分野の歴史は浅く、ヒトを介したメタ分析のエビデンスも他の研究と比較して少ないです。しかしシンクレア博士は、老化を遅らせ健康寿命を延ばすことができれば、アルツハイマーなどの病気にかかりにくくなるだけではなく、身体も認知も健全な生活を過ごせると断言しています。

0

Posted by ブクログ 2022年01月30日

第4章に実用的な内容が書かれている!

カロリー制限
間欠的断食
運動

によるアンチエイジ効果が説かれる。

0
購入済み

popo21 2021年04月05日

老化は病気である。今まで考えたこともなっかた。老化が病気であると認識して、きちんとそれにに対処すれば、老化をおそくしたり、健康寿命を伸ばせるということを膨大なデータと論拠をもとに分かり易く説明してくれている。少し値段は高いが読んで損はない本である。あとよりよく理解するためにすこし生物(遺伝など)の知...続きを読む識があるといいと思った。

0

Posted by ブクログ 2023年08月17日

老化こそ全ての死因の確率を上げる克服すべき最大の病である。そして、その病は治療可能である。

この本はそのメッセージについて書いている。そして、この定義と いかにして老化を防ぐか という適切な問いを立てたおかげで、健康長寿への道が飛躍的に進化していることが書かれている。

著者の 「人口割合の高く、...続きを読む投票率が高い高齢者こそが、未来に当事者がない」ことを変えたい という想いは響いた。

一方で、健康長寿に目処が立ち始めているゆえに、地球環境問題、特に気候変動、温暖化の問題こそ、喫緊解決すべき最大の問題になりつつあることも、再確認できた。

そして健康長寿が科学的可能になることを見越した、倫理と社会制度設計も急務である。生きられるようになったら、死ぬ権利をどう考えるか。

0

Posted by ブクログ 2023年06月10日

老化に関する研究がこれほどまで進んでいることに驚いた。老化に伴うあらゆる病気を恐れることなく、若いままで健康的に長生きできる世界がすぐそこまで来ている。この本を読んで、年をとることに希望を持てるようになった。

0

Posted by ブクログ 2023年04月11日

とにかくすごい本です
仕事に関係していることで読みました
老化=病気と捉える
食べ過ぎないこと
運動すること
NMNの摂取
とにかく70代のお父さんが活動的に若々しくなる所がすごいと思った

サプリメントや点滴が一般の人にも受け入れられる金額になったら良いのにと心から思います

0

Posted by ブクログ 2023年04月01日

遺伝子動態の記述が難しかった。
高校の生物の先生が近くいにいたので、エピゲノムを高校で学ぶのかと聞いたら、知らないとのことだった。
大学レベルの内容なのかなと思い
もう一回勉強しなおそうかなと思った。

著者は第3章で老化を病気として説明している
その根拠として、・・・書こうと思ったが付箋を紛失して...続きを読むしまった
加齢による疾患の源流として老化があり、51%の人が経験するものでこれを治すことが未来は明るいと書いてあったような気が・・・

生物学的に見て自分がどれだけ年老いているかの簡単な検査がある
例えば腕立て伏せを46歳で20回超えてできるようなら大したものらしい
他には立ち座りテスト(ARS)


人間の寿命を長くする大まかな道筋はいか7つに集約される
1,AMPK活性分子
2,TOR阻害分子
3,サーチュイン活性化合物(STAC)
  ↑実効性が高いもの
4,メトホルン
5,NDA増強分子
6,ラパログ(ラパマイシン類似態)
7,セノリティクス(老化細胞除去薬)

で実際どんなことができるのか
・断食
・運動する
・寒さに耐える
・肉を動物性から植物性に変える
・タバコや有害物質放射線から身を守る

個人的には以下章
第3部 わたしたちはどこに行くのか 8章 未来の世界はこうなる

寿命が延びた世界、それは社会に、個人の価値観に大きな影響をもたらす。
政治家の政治生命延長による社会制度新陳代謝の低下
金持ちのさらなる資産拡大(長期資産運用による資産の増大)それによって生じる格差拡大
富裕なものは自分たちに良いものをいち早くためせ、より健康的に裕福になっていく
消費量が伸びたことにより地球環境破壊の深刻化


9章では健康長寿時代に何をすればいいのかが示されていた。



老化を治療する薬として
糖尿病患者に処方されるメトホルミン
サーチュインを活性化するレスベラトール
サーチュインの燃料となるNAD そも能登となるNMN

・著者は何をしているのか
・NMN1グラム1000ミリグラム
レスベラトロール1グラムおよび

0

Posted by ブクログ 2022年06月21日

・NMN(1000mg)
・レスベラトロール(1000mg)
・メトホルミン(1000mg)
・ビタミンD&K2
・断食、少食
・動物性タンパク質を減らす
・運動
・サウナ&水風呂

0

Posted by ブクログ 2022年06月14日

最近読んだ新刊単行本では最も高価にして、最も惹き込まれて読んだ一冊。
人間の「健康寿命」が100歳を超えることは、もはや夢物語やSFではなく、手の届く現実になり得ることが説得力を以て迫って来る。巷でもよく聞く論争ではあるが、初めてストンと得心した。ただ唯一、巻末に示された「長寿の代償~それで地球は大...続きを読む丈夫か?」については、著者得意の科学や論理よりも、哲学や楽観、希望を基に論じられている気がしたのが、やや物足りなくもあり、でもしかし、好ましくもあった。
確かにそうだ。長寿もいいが、夢と希望を持ち続けることももっと大切だ。

0

Posted by ブクログ 2022年05月15日

老いは病気、と言う概念の理由を医学的に様々な角度から分析、考察している。難しいタッチで描かれており、読むのには胆力がいる。
基本的に他の健康法にも描かれているが、食べすぎないことと、後半に書かれている筆者の行動を取り入れてみる。

0

Posted by ブクログ 2022年03月27日

平易な文章で老化についての最新の研究を紹介しているとともに、健康寿命が伸びることの政治経済、社会や環境へのImpactの考察にまで展開され興味深かった

0

Posted by ブクログ 2022年03月12日

後半は流し読みしてしまったが時間ができたらくり返し読みたい。結構突拍子もない用に受け取る人もいるかも知れない。ガリレオもライト兄弟も、パイオニアの人たちはなかなか受け入れてもらえなかった。100mだって、年を経るごとに破ることはできないとされた記録を塗り替えている。そう考えると、今はありえないと思わ...続きを読むれていることも、実現するかも知れない。そういうワクワクする思いをこの本を読んで感じられる人は幸いかも。バイオロジーはこのところとても注目されている分野だが、一般にはまだまだ敷居が高いように感じられる分野でもある。しかし、著者の軽妙な文体であまり堅苦しくなく、最先端の研究について学ぶことができる本。

0

Posted by ブクログ 2022年02月27日

要は長生きしても、元気じゃなきゃ意味がない。年齢を気にせず生きれる体づくりが大事!という内容。長生きも科学も常識を覆していくもの。

ホルミシス。毒が毒にならない程度の量で刺激効果を現す。体は活動を控え、エネルギーを蓄え、少し長く生きることができる。
DNAが人間の運命を決めているわけではない。

...続きを読む老化は避けて通れないものか?病気とは人口の半数未満が被る不調。だから老化を病気ということができない。

死が必然であるとする法則はない。

実年齢より気分が若い人はそうでない人に比べて後の人生で死亡率が低く、認知能力が高い。

間欠的断食。カロリーを時折制限すると多大な健康効果が得られる。制限期間が短くとも問題ない。3ヶ月で体重が落ち、体脂肪が減り、血圧も減少した。IGF-1の濃度が低下。100歳以上が多い家系に見られる遺伝子変異→何を食べても体が絶食状態になる。
アナログ情報のエピゲノムは変えられる。何を食べるかではなく、どう食べるか。1日2食やカロリー摂取を75%に減らすとかの量や頻度を減らす努力。

アミノ酸のメチオニン摂取を大幅に減らすと好きなだけ食べても体脂肪が1ヶ月で70%減る。メチオニンは肉類に豊富に含まれる。植物性タンパク質に置き換える。

長寿遺伝子を働かせるには原初のサバイバル回路を始動させる必要かある。カロリー制限やアミノ酸摂取制限だけでなく、運動も同じ。毎日15分程度のランニングで効果あり。寒さに身を晒すことでも効果あり。

レスベラトロールの含有量の多いものは通常よりストレスの多い環境で育ったもの。赤ワインなど色の濃いものに多い。サプリメントとしてもある。NMNを1000mg、レスベラトロールを1g、メトホルミンを1g。筆者は摂取している。

年を取っても若い時と変わらず動けたら、働ける年齢も増えて社会保障を圧迫する事も減るだろう。少子化で新たな人間は製造されなくとも、人口減少は緩やかになる。ユニークな考え方。

0

Posted by ブクログ 2022年01月23日

細胞などの専門的なところは読み飛ばしてしまったけど、面白い内容が多く、専門用語が多い割には比較的読みやすい本でした。

人生100年時代を真剣に考えて、自分の人生設計をしなければいけないな、と改めて思わされました。

バイオトラッキング、やりたいなあ。

0

Posted by ブクログ 2022年01月10日

そう、単に長生きしたい訳では無い。
健康で自由に動ける身体が欲しいのだ。
ただそうなると経済的な問題も出てくるのだが。

0

Posted by ブクログ 2023年06月07日

老化研究に関する最先端の内容を知ることができた。
老化は皆が直面する当たり前のことと思っていたが病気であり治せるものだと本書は語っていた。
また老化を治療することでガンや糖尿病などの病気になりにくなり人生150歳の時代がくるとあり驚きだった。
寿命が伸びることによって起こる政治や地球歓喜に対しても問...続きを読む題提起してあり考えされられる内容もあった。

0

Posted by ブクログ 2023年05月24日

【自由研究】人はなぜ老いるのか?①

本書はおそらく壮大な【プレゼンテーション+プロモーション】なんだと思います。研究資金を得るための。
■本書の主張は明快です
・老化は病である
・ゆえに細胞を入れ換えれば長生きできる
・結果、人生130年時代になる
・人生の終わらせ方は選択制になる
■今後予想され...続きを読むること
・NMNというサプリが爆売れするでしょう!

**
本書が正しいかどうかは別としても、今後健康寿命を延ばすことはますます盛んになるでしょう。
我々は寿命をいじることへ本能的に「違和感」を覚えます。著者はこうした批判や「諸問題」に対し、反論や解決索を提示します。
ただ、どの説明もどこか〈詭弁〉感が否めません…。この問題は倫理の問題なのできっと答えは出ないでしょう。
著者が唯一反論できなかった批判は、皮肉なことに著者の息子さんからのものでした。

「パパの世代もその前もみんな、地球が破壊されていくのを黙って見ていたよね。そのうえ、何?今度は人がもっと長生きできるようにしたい?世界をもっと傷つけられるように?」

0

Posted by ブクログ 2022年06月22日

老化は避けて通れない自然な現象などではなく、病気だという大前提で、ではどうして筆者がそう言い切るのかを科学的に説明し、どのようにすれば健康寿命を延ばせるのか、いつまでも若々しくいられるのかについて10年以上を費やして書かれた本。

遺伝子研究における専門用語が多く、初めは挫けそうになったが巻末のイラ...続きを読むスト付き用語集を何度も参照しながら根気よく、しかし一日○ページと決めて集中して読み進めたが、読み進めるうちに専門用語も何度も出てくるので後半は素直に面白く読むことが出来、10日で読み終えた。
生涯をかけて老化の研究をし、老化は全ての病気の根源である故にこれを遅らせることに全てを注ぐその熱意は強烈なものがあった。
遺伝子組み換えなど大胆に思える発想も、そうなのかもしれないと思わせられる。
また、平均寿命が伸びた場合の食糧不足への不安についても見解が述べられている。

まずは食事のカロリーを減らし、小さなことにくよくよせず、運動をして暑さ寒さに耐え、健康寿命を延ばしこの人の言うように本当の意味で溌剌と幸せに生きられたらと希望がもてた。

0

Posted by ブクログ 2022年04月22日

老化は自然現象ではなく病気である。
病気であるからには適切な治療によって改善する可能性がある。改善して“健康寿命”を取り戻そう。
たとえば120歳まで生きられるようになったらどうなるか?健康に長寿なら働くこともできる、働く人が増えれば社会は発展する。高齢者が社会のお荷物と捉えられることがなくなる。
...続きを読む
老化は誰もがなるもので、それ自体を止めるなんて発想はこれまで一度も持っていなかったが、この本を読み、「老化すらしない可能性もある」という新常識で物事を捉えることも大切だと思った

0

Posted by ブクログ 2022年03月20日

用語がかなり難しい。理解するだけでも一苦労。マグナテルペス?て何やねんと。

でもデータだったり老化を止めることの具体的なメリットだったり有意義な内容。

0

Posted by ブクログ 2022年01月31日


自分なりざっくりとし解釈としては以下のとおり


何万年前の酵素のDNAの働きは今でも生物に引き継がれていて、子孫を残すか?自分を治すか?   の二択らしい。

それで、長く生きていく上で色々なストレス(紫外線や食べ物などの毒など)や外傷(ケガなど)で自分を治すシステムが働き過ぎてパニックを起こす...続きを読む

そうなると、体をもとにもどす働きが間に合わなくなってくる。

これが老化らしい。

なので、老化を防ぐにはこの治すシステムを適度に働かせることが重要とのこと。


感想

専門用語が多すぎて説明が長い。
しかも、ページ数が半端ない‥

でも、老化の原因はともかく、じゃあ、どうすればいいの?って答えについては著者が実践している項目があるので、それが参考になった。


こんな人にオススメ

・エビデンス重視の人。
・老化を本気で悩んでる人。
などは是非手に取って読んでみてほしい。

0

「学術・語学」ランキング