LIFESPAN(ライフスパン)―老いなき世界

LIFESPAN(ライフスパン)―老いなき世界

作者名 :
通常価格 2,640円 (2,400円+税)
獲得ポイント

13pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

★世界20ヵ国で刊行!
★ニューヨーク・タイムズ・ベストセラー!

【人類が迎える衝撃の未来!】
人生100年時代とも言われるように、人類はかつてないほど長生きするようになった。
だが、より良く生きるようになったかといえば、そうとはいえない。
私たちは不自由な体を抱え、さまざまな病気に苦しめられながら晩年を過ごし、死んでいく。

だが、もし若く健康でいられる時期を長くできたらどうだろうか?
いくつになっても、若い体や心のままで生きることができて、刻々と過ぎる時間を気に病まずに、何度でも再挑戦できるとしたら、あなたの人生はどう変わるだろうか?

ハーバード大学医学大学院で遺伝学の教授を務め、長寿研究の第一人者である著者は、そのような世界がすぐそこまで迫っていることを示す。

本書では、なぜ老化という現象が生物に備わったのかを、「老化の情報理論」で説明し、なぜ、どのようにして老化を治療すべきなのかを、最先端の科学的知見をもとに鮮やかに提示してみせる。

私たちは寿命を延ばすとともに、元気でいられる期間を長くすることもできる。

では、健康寿命が延びた世界を、私たちはどう生きるべきなのだろうか?
著者によれば、寿命が延びても、人口は急激に増加しない。また、人口が増加しても、科学技術の発達によって、人類は地球環境を破壊せずに、さらなる発展を目指すことができるという。

いつまでも若く健康で生きられれば、年齢という壁は消えてなくなる。
孫の孫にも会える時代となれば、私たちは次の世代により責任を感じることになる。

変えられない未来などない。
私たちは今、革命の幕開けだけでなく、人類の新たな進化の始まりを目撃しようとしているのだ。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 理工
出版社
東洋経済新報社
ページ数
592ページ
電子版発売日
2020年09月01日
紙の本の発売
2020年09月
サイズ(目安)
16MB

書店員のおすすめ

いつまでも若くいたいというのは誰しもが思う叶わぬ夢かと思います。
自分自身、20代後半に差し掛かり体力の衰えを端々で感じる今日この頃ですが、
本書ではそんな老化に対する常識を科学の観点で覆しています。
著者のデビッド・A・シンクレアによると、数々の科学的な研究結果を集結させることで“老化を病”と捉え、その予防ができて健康寿命を延ばすことができると。

正直いくら科学的に証明されているとはいえ、信じがたい事実を受け入れられませんでした。
が、シンクレアの実際の写真を見ると年齢には見えないほどに若々しく、まさにタイトルのごとく「老いない身体」の入手に成功しているように見えてしまいます。
本書では実際にシンクレアが実践している老化予防法も紹介されていますが、同時にその効用については保証しないと明言されています。そんな臨床試験が成功していれば人類の健康寿命はとっくに伸びているからと。ただ、「全くなにもしなかったらどうなるかを知っている」として未来の自分に掛ける姿には信じてみるのも有りかなと思ってしまう自分がいます。

LIFESPAN(ライフスパン)―老いなき世界 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年05月11日

    クラス対抗演劇大会で、戦争モノの脚本を選んだ(勝ち取った)クラスがその感動的な内容故に必然的に優勝するようなもので、“まじめに“寿命の延伸をテーマとした本書が低評価になるはずがない(この”まじめに”が厄介だったりするのだが)。これほど実効的に「人生を変えた一冊」になり得る本も珍しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月07日

    難しくて長い。ただ、人類と自分にとっての健康寿命を伸ばすための方法論が事細かに書かれていてとても勉強になりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月15日

    「見た目の若さではなく、真の『健康寿命』を求める」

    アンチエイジングという言葉だけが先走りして、私たちは老化がもたらす病気などの負の結果を真剣には考えていないようです。巷に溢れる「アンチエイジング」と謳った商品をファッション感覚で次から次へと試して若く見せようとしても、細胞レベルの老化阻止にはなっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月30日

    第4章に実用的な内容が書かれている!

    カロリー制限
    間欠的断食
    運動

    によるアンチエイジ効果が説かれる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月18日

    ○なぜ生物には寿命があるのか?
    →すべての生物には資源が限られていて、寿命と生殖のどちらかに振り向けられるよう進化したから。

    ○なぜ生物は老化するのか?
    →DNAの損傷によりエピゲノム(遺伝されるもののうちDNAでないもの、細胞に特定の働きを与えるもの)が不安定になり、組織に与えるスイッチに誤差が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月20日

    老化は病気だと聞いて、自分の価値観が大きく崩れた。医師をしていて、歳を取ることは仕方のないことだと思い込んで治療をしていたことを思い知らされた。

    本書の中ででくる数々の研究が今現在の医療にほとんど使われておらず、一部の最先端の医療機関しか使われていないことに驚くとともに、もっともっと個別医療・先端...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月15日

    老化を病気ととらえるのは、かなりのパラダイムシフトかなと。
    病気であるならば予防や治療が可能になるので、健康寿命が延びるのであればやりたいことの範囲が広がる世の中になるのかなと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月09日

    人生、寿命について過去、現在、未来の視点から描いている本。
    睡眠、食事、運動によって寿命は伸びるが、地球が耐えうるかという疑問が面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月08日

    福祉、医療の現場に身を置き、「老い」「人間の弱さ、醜さ」に哲学的な思いを重ね、コロナ禍の2021年にホームレス施策に携わる身には、あまりに重い課題満載の一冊。
    科学者のモノの見方の一端が理解できたし、オージーらしい楽天家ぶりには微笑ましさも覚える。
    確実にいえることは、やはり、今後の世界の行く末を、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    popo21 2021年04月05日

    老化は病気である。今まで考えたこともなっかた。老化が病気であると認識して、きちんとそれにに対処すれば、老化をおそくしたり、健康寿命を伸ばせるということを膨大なデータと論拠をもとに分かり易く説明してくれている。少し値段は高いが読んで損はない本である。あとよりよく理解するためにすこし生物(遺伝など)の知...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング