【感想・ネタバレ】アンダスタンド・メイビー(上)のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年11月07日

少女のたった数年の物語だけどなんといろんなことがあるんだろうか。女性の強い部分、弱い部分を丁寧に書いている。
周りの男性から大切に扱われない主人公。
ちょっと悲しい描写も多い。
宗教も絡んでストーリーは複雑になるけれど日常とはこういうもの。ただ小説となると読者の興味がそがれると思う。
その点、直木賞...続きを読むを取ったファーストラブはしまった作品になってます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年04月14日

携帯小説みたいな内容なのになんとなくほの暗い感じはずっと変わらないのにこんなに引き込まれるのはなぜだろう

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月17日

10代の頃のこういうのって小説だけの世界のようだけど、
実際自分の近くでも同じようなことがあって、当事者ではないけど、ずっと心の奥に引っかかって無くならないものになってる。
時間が立って多少薄れるものはあるけど、その後の人生や性格にも影響しているから、複雑な心境で読み進めたし後を引く作品になりました...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年07月22日

「ファーストラヴ」で直木賞受賞した作家さんの作品。
十代の娘の遍歴を描きます。
一見普通のようでも、どこかダークな面があり、どう転ぶかわからない展開なので、はらはら。

藤枝黒江(クロエ)は、母子家庭の娘。
もともと勤めている母は忙しく、祖母と父に育てられていましたが、祖母の死後に両親が突然離婚。
...続きを読む小学生の時、母と二人で筑波に移り住んできました。
研究者の母も、最初は娘を遊びに連れて行ったりと努力もしていたのですが。
家事は、主に娘が担当しています。

クロエは廃墟を写した写真集に目を惹かれ、生まれて初めてのファンレターを出します。
写真家の浦賀仁の方も喜んで返事をくれたので、いつか東京に行って弟子になるという夢を持つことに。
友達もいて、割合普通の中学生活だったのですが。

転校してきた男の子・酒井弥生君と友達に。
大柄で太めでオタクっぽい外見だけれど、いたって真面目な性格の彼。
クロエは彼に救いを感じるのです。
体育祭の長距離走の選手になったものの、脚を痛めて走れなくなったとき、助けに来てくれたのでした。他の子は見当違いの励ましをしたのですが。
彼の方は、積極的な女の子の態度をセーブするよう。
彼にはちょっと霊感があり、そのことをあっさり受け入れるクロエ。
まだお互いにつきあい方もわからないのは~無理もないのですが。
母とは決定的な亀裂が…

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年06月04日

島本理生は、私と同年代の作家だ。

この作品の舞台は(物語の中で明示されないけれど)90年代後半~2000年代前半くらい。
十代後半の主人公の居る世界は、場所こそ違っていても、私が十代後半を過ごした時間とほぼ同じ。だから、その空気感や雰囲気はよくわかる。

あの頃は、いろんな意味での過渡期。
高校生...続きを読むでも携帯電話を持つようになってきたり、カメラがフイルムからデジタルへと変わりつつあったり。

その点でひとつ思うことがある。

この作品が発表されたのは2010年12月。日本でiPhoneが発売されたのは2007年夏。カメラは、もうデジタルが当たり前だった(もちろん、フイルムを使う人もいるのだけど)。

つまり、今の若者が読むと、どう感じるのだろうか?と。

この上巻は、常にいろんな不安がつきまとう。
読むのを止めてしまおうかと思ったけれど(続きが恐い)、それでも読み進めた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年06月21日

文庫化を待って、さらに古本屋で購入。でも実はすごく読みたかった本。

あらすじみただけで、なんか暗黒感ただよってたから、私の中でダメな方の島本作品かなーと思って読んだらすごく引き込まれた。
下巻も期待。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年05月03日

作品を読んでいると「やっと見つけた、私だけの神様を」という言葉がずっと脳内に響き渡る。中学・高校という多感な時期であり、子供だけど背伸びをして大人ぶりたい。しかし、この作品はそういうものではなく、ずっしりと重い。ずっと初恋を忘れられず、追いかけ続けているような風に思う。失ったものを取り戻したい。しか...続きを読むし、取り戻せないから他の人で埋める。けど、それは余計に喪失感を増幅させる。上巻はすごく悪循環。ちょくちょく出てくるヴィジュアル系という言葉に反応をしてしまった。どういった曲を選曲しているのだろうか。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年03月18日

文庫本では上下巻に分かれた長編。
島本さんはこれまでも何冊か読んだことあるけど、より細かく書かれてて、読んでてヘコむな。
上巻は高校中退までの暗いストーリー。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年07月13日

主人公の茨城での中学〜高校の途中までの話。めまぐるしくいろんな事があって、どうしようもなくなって、手紙のやり取りをしていた写真の師匠のところの東京へ行く。今後もいろいろあるのでしょう。第1章というべきですかね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年04月05日

第一章から黒江はつらい体験をするけど、それでもまだ彌生君との関係はどうなるのかな、とか楽しみながら読める。
読み進めていくうちに、この子どうなっちゃうんだろう…と。黒江の行動に少し苛立ったり心配したりしながら、一気に読みました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年02月21日

書店でふと目に留まって購入。

年頃の女の子の、揺れ動く心が巧く描き出されていると思う。
男から見ると?って展開のとこがあるけど、
きっとこれも女性から見たら自然な女心ってやつなんだろうなー

ありそうで、なかった、でも探したらそばにいそうなそんな物語。
これからカメラがどのように作品に色を添えてい...続きを読むくのかが気になる!
下巻に期待(≧∀≦)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年02月07日

不安定でないものねだりで
わがままな10代の女の子。
でもどこか共感しちゃうのは
なんでなんだろう。

このレビューは参考になりましたか?