【感想・ネタバレ】○○○○○○○○殺人事件 のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年05月29日

前代未聞のタイトル当てミステリ。その人を喰ったようなタイトルに相応しく、文体は中々のドライヴ感に満ちており、歯切れよくリズミカルな語り口である。軽妙ながら描写はしっかりしており、リーダビリティが非常に高く、すらすらと最後まで読むことが出来た。

事件そのものは複雑怪奇で、神の視点やメタ視点を交えなが...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月28日

冒頭の挿話××××××××で、タイトル当てを忘れて普通に読み進めてしまい醍醐味を味わえなかったのでメインは絶対当てる!という気持ちで読み進めた。
事件が起きる前から思いつく限りのことわざの文字数を数えるも中々当たらず、事件が起きてからも思いつかなかったが6章で皆の正体が提示された瞬間タイトルも分かっ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年12月26日

他のレビューを読むと、エロ要素だったり、タイトル当ての趣向だったりが、とかく本作の評価を下げているように思えてくる。内容的には、本格ミステリーとして読んで差し支えないレベルだろう。一方で、本来の本格ミステリーにはないような先述の要素があったりして、実験的な小説の趣も備えているがゆえに、理解されにくい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月18日

あ、そういうことか…
メフィスト賞受賞のタイトルをあてるという斬新な小説
そんなの分かるわけないと思いつつ読み進めると、
あるトリックが分かった時点で閃いた

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年05月21日

純粋にミステリーとして面白かった。ただ、タイトル当てとか、なんかひねてるなと思ったのは、やはりメフィスト賞だからか。
あと、著者の早坂吝(はやさかやぶさか)っていう名前が面白い。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年11月23日

タイトルが伏せられており、読みながらそれを当てるという楽しみができる変わった本。…当てられなかった。そして、サラッと衝撃的事実を放り込んでくるので恐ろしい。でも真相を知ると伏線が全部つながるのでなるほどなぁと納得できる。読後、タイトルに納得、伏せて正解、というか伏せた方がいいのだろう。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年09月07日

おもしろい。読者への挑戦状とか久しぶり。まったく当てられなかった。予想外の展開は驚かされる。作者のこだわりを感じる。こんな小説が評価されることがうれしい。
…でも入れ替わってりゃ絶対気づくよね。人の体って、骨格、筋肉、肌質、黒子、シミ、全く違うから。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年04月10日

小笠原諸島のひとつの島を所有する人の招待で毎年開かれているオフ会で、書き置きを残して一組の男女が消える。彼らは駆け落ちなのかどこかで殺されたのか。そうこうしてるうちに残されたメンバーの一人が死体で発見される。みたいな話。

賛否両論ありそうな一冊。基本下ネタだし。だけど、私は面白かった。
タイトル当...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月21日

稚拙な文章に陳腐なトリック。中学生が考えそうなストーリーで読んでいてツラかったんだけど、殺人事件が起こってから最後まで一気読み。ネタが出尽くされたミステリ作品の中、これは斬新なオチ。一本やられた。伏せ字のタイトルが分かった瞬間吹き出してしまった。賛否両論あるかと思うけど好きな部類の作品。でも人にはオ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年07月22日

○○○○の中のことわざ、解けませんでした…。
自力で解こうと思って注意深く読んでも、これは無理そう。
私にはストーリーのわかりやすさ、登場人物、トリックの理解しやすさと意外性の観点で読んでるので(はなから自分で真相を解明しようとする気はない)、この本は面白かった。

叙述トリックではないし、語り手や...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年11月08日

個人所有の島で起きる失踪(駆け落ち)事件。これを殺人事件と疑い調査する主人公。
本格ミステリーらしい展開ではあるが、何ともバカらしい設定にビックリした。たしかに違和感のある展開もあった。真相がわかって腑に落ちたところも多い。アイデアはなかなか面白い。
タイトルを当てる著者からの挑戦も従来にない発想だ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年06月13日

なんだこれは……笑ってしまった。   
面白かった。    
こんな下品なミステリは初めてだ。   

THANATOSシリーズや無貌伝みたく文庫化打ち切り?になるのはご勘弁ですよ。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年06月05日

初吝。前々からタイトルが奇抜で気になってはいたんだが、文庫化を機に手に取ってみた。いや〜面白かった!まさか全裸だったとはねw 犯人もタイトルも当てられなかったけど、とても良かった^^

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年05月14日

良い意味でくだらなくて、楽しい作品だった。伏線の内容自体は微妙だけど、ちゃんと書いてるし笑 ことわざは字数でたまたま当たってたけど、もっと難しく活かし方を考えてた。まさか本当に○○○○(後半四文字)だったとは笑

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月21日

なるほど、タイトル当てできましたか、って感じの本作。当たらなかった悔しさはさておき、ミステリとしてもなかなかに面白かったです。ビッチ探偵も結構魅力的だったし、濡れ場も謎解きの一環ってのも味わい深し。結構楽しめました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年10月05日

真相というかこの作品の肝が明かされた時はずっこけそうになった。それはありなのか!?でも色々と伏線が貼ってあったのは確かなんだよなぁ。むむむ騙された。謎自体はそこまで複雑怪奇じゃなかったし読みやすいのですぐ頭に入った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月15日

気の合う仲間たちとのオフ会を兼ねた旅行、公務員として働く僕は、この旅行を楽しみに生きていた。マイナーな趣味のブログの常連である仲間たちと、常連のうちの一人の所有する島で夏休みを過ごすようになって四年。しかし今回は、ブログ主の成瀬が突然連れてきたらいちという少女の飛び入りによって、普段とは違う旅の始ま...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年09月02日

評価

サプライズ ★★★☆☆
 この作品でサプライズに感じる点は,主人公の沖たち一向がヌーディストで,再従兄弟島で裸で過ごしていたという点だろう。この点は叙述トリックを使い,読者の目からごまかされている。これをにより,登場人物達が浅沼→重紀の入れ替えを疑わないという点に説得力を持たせている。この点...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月30日

題名に惹かれて衝動買いしてしまいました。後悔してません。スピード感があって面白かったです。犯人を当てたり手口を当てたりとミステリーには様々な「当てる」がありますが、題名当ては聞いたことの無い斬新な物だったので、頑張って考えながらよみました。これもまた、魅力的な小説のかたちだと思います。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年03月18日

2018/3 10冊目(通算41冊目)。「何でもありの同人で書いたミステリー」というのかな。話の趣向は面白いと思うけど、自分にはちょっと合わなかったというのが正直な感想。ただ、この1作だけで評価するのもなんだと思うので、別の作品を読んでからホントに自分に合うのかどうか見極めたいと思う。

このレビューは参考になりましたか?