【感想・ネタバレ】星野、目をつぶって。(13)のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2020年12月30日

6巻までマガポケで無料だったから読み始めたら止まらなくて、結局勢いで買って全部読んでしまって、am3時に泣いている。
自分が感じたことのある学校生活への憧れや不安、嫌なこと楽しいこと、なんかそういうものが詰まってキラキラひしめき合っている本だった。

いまは私も「大人」になってしまって(というかさせ...続きを読むられてしまって)どこか自分を諦めているところがあるけれど、小早川くんと星野さんを見ていると、「もっと自由に手を伸ばしてもいいんじゃない?」と思わせられる。
そんな、勇気や励ましの気持ちをいっぱいもらえる本でした。

ああ、どうしようもなく好きな本がまた増えたなあ。
ありがとうございます。大好きです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年12月28日

13巻掛けて様々な物語や人間模様が描かれこの巻で大団円は見せているというのに、どこか物足りないと感じてしまうのは私がもっとこの作品を読み続けたいと思うからなんだろうな
そしてそんな感情を巻き起こしてくれた本作は本当に素晴らしい作品だと思う

この巻で描かれる粧歩祭におけるそれぞれの遣り取り。何かが劇...続きを読む的に解決されたというわけでも、めでたしめでたしに辿り着いたというわけでもない
それでもこの粧歩祭がこの物語の総括として位置づけられていることは確かなことで、莉穂を探して右往左往したりバイクで一足飛びになったりスタートまで戻ったりという工程は小早川と星野が足掻き藻掻いてきた道をなぞっているようで面白い

・松方と加納
出会い方は最悪でその後の関係もずっと険悪なものばかりだった二人がこのような繋がりを作ることになるとはなぁ。水と油のように反発し合うばかりで似通った点を見つけることすら難しかった二人が小早川という共通点を通すことで近づいていき、松方が漫画作りに本気になるにつれ、加納もその夢を叶えたい傍で見届けたいと思うようになったのは本当に不思議な繋がり
自分の鬱憤を晴らす意味も込めて漫画を描いていた松方が最終的に自分の漫画に笑顔の加納を登場させたことは本当に大きな意味が込められた描写だったように思う

・高橋と藤本
本作は少年漫画であって、メインとなるのは小早川と星野や加納、松方との恋愛模様が上げられる。だからこそ彼らの脇で高橋のような同性に恋してしまった男が描かれたのは特異な事であったように思う
どちらかというとサブ枠に入ってしまう二人だから彼らの想いが物語において大きく語られることはあまりなかったのだけど、それだけに12巻や最終巻でこうして見せ場を作り彼らの想いに一応の帰結が得られたことは非常に意味あることだと思えた

・星野と莉穂
物語当初は人の輪の中心にいる星野によって目立たない小早川が輝き出すというものだったけど、いつの間にか輝きを手に入れた小早川が周囲に紛れるためにメイクする星野を応援するという構造になっていた。だから最終巻が星野の居場所を問題とするのは当たり前の話だったのかもしれない
星野が周囲に受け入れてもらうためにメイクという仮面を必要としたように、莉穂も周囲に受け入れてもらうために必死に強い人物を演じていた人間。だからこそ周囲の全てが偽物に思えてありのままに接してきた星野だけが本物に思えたというわけか
だから逆にメイクをしていない、小早川なんかと付き合っている星野は自分にとって偽物だと思ってしまったもかもしれない。
どちらも互いを一番の親友だと思っていて相手を大切にしたいと思っていて、だというのに擦れ違いが起きてしまった。ならそれらを知ってしまった小早川が取れる方法なんてやはりあの方法しかないんだよな……

・小早川と星野
作中で小早川が言及してるように、確かにこの二人の関係性ってある意味完璧で互いに足りない部分を補えて且つ足りない部分のある相手を受け入れてしまっているんだよね。二人だけで全てが完結しそれ以外の人間関係を気にしないならそれで良かったのかもしれないけど、莉穂のような問題が起こるのなら二人だけで完結してしまうのは逆に良くなくて。
あまりに立ち位置が違いすぎて足りない部分も多い二人が付き合っていくのはやはり無理があることだったんだろうね。
それでも小早川が前に進む気持ちが大事だと気づけたように、星野が莉穂と一緒にメイクを頑張る決意を手にできたように、全てが無駄だったということではないのだろうなと思える描写がとても素敵

だからこそ、成長した二人が改めて出会い告白をやり直すラストは本当に素晴らしいものだと思えた
作者の永椎晃平先生にはこの最高な物語を届けてくれてありがとうと伝えたくなる

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

連載の最終回とコミックスの違い

佐々籐士郎 2018年09月16日

シリーズを通して、「陰キャ」の気持ちがよく反映されていて、
思春期の男女の心境がとても良く描かれていたと思います。
しかし、週刊少年マガジン連載時の最終回が、
びっくりするくらい唐突で、
「ああ、この人は打ち切りになったのか」
「物語の閉じ方が下手くそだな」という感じしか
ありませんでし...続きを読むた。
「画竜点睛を欠く」とはこういうこと。
しかし、編集さんに言われたのかわかりませんが、
コミックスで追加された後日談で、
きれいに終われた感じになっています。
続編あるのかな?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月09日

粧歩祭で莉穂と話し合おうとする星野。

歩きながら語るというより、探し回って見つけて話し合うという感じでした。
イベントに乗っかって語り合うって感じではなかったのがちょっと予想外。

でも語るべき人達はちゃんと話せて、決着を付けていてすっきりしました。

2人が別れる必要性はよく分からなかったけど、...続きを読むちゃんと再会するところまで描いてくれたので気持ちよく読み終えられました。

登場人物それぞれの立場や物の見方などがきちんと描かれていて、読み応えがありました。

このレビューは参考になりましたか?