【感想・ネタバレ】あやめ横丁の人々 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2013年01月31日

あやめ横丁の由来が花の名ではなく人を殺めるだったのは、予想もしていなかった。初めて聞く言葉がいくつも出て来て、どんどん引き込まれていった。10年後の結末は悲しさ半分、教え子の成長に希望が有り救われた。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年09月08日

主人公の慎之介が精神的に大人になっていく物語。事件の多くは現代にもよくある悲しい話。登場人物の全てが切ないが、手習いの子供たちがまともに成長してくれたことが救いだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年09月26日

やむを得ぬ理由で人を切ってしまった、主人公である旗本の三男が、ほとぼりが冷めるまで匿われることになった「あやめ横丁」に暮らす人々を描いた長編。うーむ、「あやめ」という言葉には別の意味があったのだなぁ。深い・・・・・。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年04月20日

「あやめ横丁」の由来には本当に驚きました。切ない切ないお話です。が、人と繋がるのは悲しいこともあるけど、やはり人と繋がらなくては生きていけないのだなぁ・・・ということをサラッとした感覚で読ませる・・・スゴイ本です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

解説とあとがきを読むのが好きなので、たまに本編の前にちらっと目を通す事がある。

今作に関しては本当にしくじった。

著者は題名をつけるのが巧いなー。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

おもしろいっ

史実的にこの『あやめ横丁』のような町が
存在したのかどうかは甚だ疑問だけれど、
物語的にはひきつけられる魅力満載。

登場人物の切ない想いがひしひしと伝わり
ところどころで涙涙。
もちろんこれは作者である宇江佐氏のメッセージであり・・・
またこの作品が新聞に連載されていたことにも
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

うっかり映画より先に読んでしまいました。

わがまま(というか良くも悪くも武家社会で育ってきた)若様が町屋暮らしに馴染んでいく流れは秀逸。

最後はちょっと切ないです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

初めて読んだ宇江佐さんの本、帯で興味、挿画で興味。しっとりとした市井ものなんて……と思っていたら大間違いでした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月30日

著者自身、あとがきで「時代小説というよりファンタジー」と言っているように、そんな馬鹿な、といったストーリーです。でも、そうはっきり割り切っているからでしょう、なかなか面白く読めます。そこいらは著者の力量でしょうね。
もう一つ、なんか読んでいていつもと雰囲気が違うと思ったのは、この作品が新聞小説とし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年04月07日

祝言の席で妻を奪われ逆上して、男を切り殺した紀藤慎之介

婚家に命を狙われ「あやめ横丁」に逃げる。


慎之助を匿う宇治屋の一家をはじめ、あやめ横丁にいるのは訳ありな人々ばかり…

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年04月13日

あやめ横丁に匿われた旗本の三男坊。徐々に町の暮らしに馴染む姿は微笑ましいが、あやめ横丁に住む人々の過去はとても悲しい。「あやめ」の云われもショッキングだが、プロローグに人生の儚さを感じる。宇江佐さんの巧さにはいつも感服します。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年02月06日

祝言の日に妻の想い人を斬った為、妻の実家から命を狙われる羽目になった主人公があやめ横丁で匿われる話。

色々な人と接するにつれ自分の犯した罪や他人を思いやる気持ちをを学んでいく話。あやめ横丁で相思相愛になった娘とは、結局旗本へ復帰する際に別れることとなる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年02月10日

2009.11.20 了/この人の小説は,登場人物に感情移入してしまうような人情厚い話が多くて,外れがない感じです.

このレビューは参考になりましたか?