【感想・ネタバレ】セイバーメトリクスの落とし穴~マネー・ボールを超える野球論~のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2020年12月13日

たまにある
「著者の分析力に感嘆して、この著者でありとあらゆるものを本にしてほしい」
と思わせる好著!
そんな概念なんか知らなかった、プロ解説者からでも聞いたことないようなことが盛りだくさん
ダルビッシュさんのお墨付きですし、好きな分野を極めるとこれほどに痛快なのだなと

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月24日

6月のプロ野球開幕が決まり、野球が恋しくなり購入しました。

率直に言って、本が出てすぐ読まなかったのを後悔するぐらい面白かったです。読んだことでOPSやFBRについての理解が進みました。一方でデータを重視しすぎて現実が面白くなくなる危険性も指摘されており、その通りだと感じる点も多くありました。

...続きを読む野球は再現性が低く、選手も球界も変化し続けていくだからこそ面白いと思います。早く球場に足を運べるようになってほしいと改めて感じました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年12月23日

理論が凄い。
素人とは思えない膨大な情報量と知識。
NPBやアマチュア野球を中心として観ているので、MLBの話になるとその都度調べたり、選手に関してはYouTubeを見たりしたので読むのに時間がかかったが今まで知らないMLBの世界を知れたことや興味を持つきっかけともなった。
次回作はNPBの話題が中...続きを読む心となるであろうと期待している。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月17日

野球好きなら今では知らない人はいないであろうお股ニキさんの通称『お股本』。
ダルビッシュとのやり取りで有名ですが、ダルビッシュだけでなく、ホークスの千賀滉大、高橋純平、和田毅、大竹耕太郎も読んだ名作。

名作というのは目次から「オラ、ワクワクすっぞ!」ってくらい高まるもの。各章で必ず刺さる項目がある...続きを読むのが良くて、大抵中弛みになる傾向になる中盤(本作なら4〜6章)も目次の時点で面白いです。

以下、箇条書きで感想を書いていきます。
・野球の技術論(正確にはお股ニキの見方・考え方のエッセンス)についてメインに書かれているが、本文や脚注に選手紹介や用語解説があるから読む前は詳しくなくても大丈夫!ただし、野球のルールは知っといてねw
・日本(の野球)の問題点についても書かれている。
・スラットやピッチング、バッティングについては、アナライザー達がyoutubeやtwitterに動画をあげてくれているのでそれを参考にすれば捗る。
・各所で「今後の野球はどうなっていくのか」について書かれている。そこだけでも野球好きの投資界隈は必読の内容。
・2019年2月時点の情報ベースなのでそこは適宜置き換えてね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月29日

本書を語る上で、触れなきゃいけないのは著者のこと。野球経験は中学野球部中退。しかしながら、野球好きが高じて膨大な数の試合を観戦、そこから得た知識と独自の研究が加わり、プロ野球経験者顔負けの慧眼と分析力。そこに分かりやすく伝える卓越したインプット力が加わり、Twitterにて監督采配や投球術について鋭...続きを読むい考察を連発。ちなみにこういう人を「プロウト(プロの素人)評論家」と呼ぶそうな。

ある時、ダルビッシュについて発信すると、なんと本人からリツイート。交流はそれだけに留まらず、ダルビッシュに伝授した“お股ツーシーム”を実際の試合で投じるという、著者の指摘の鋭さを裏付けるとともに、ダルビッシュの良きアドバイスなら素直に傾聴する柔軟な姿勢について、当時多くのメディアで取り上げられた。

本書は、これまでのTwitterの考察をベースに、昨今野球界のトレンドテーマである「フライボール革命」「盗塁やバント等の小技の減少」「継投の緻密化」「ジャイロボールの存在有無」「2番打者強打者論」等についてケレンのない持論を開陳。この一冊丸ごと「現代プロ野球論」になっている。今の野球って、こんなことになってるの⁈と思うはず。

本の帯の惹句「プロ選手にもアドバイスする独学の素人が、野球界の常識を覆す」。ここでいう野球界の常識とは「プロ野球、とりわけ日本プロ野球にはびこる伝統主義」を指している。本書には理科系のリポートと思しき様々なグラフや図表が掲載されているが、著者はデータをあくまでもデータは現状把握と考察のための材料とみなしている。元来、野球は数字と親和性の強いスポーツ。DeNA監督のラミレスは昨年シーズン、データを盲信するあまり、コーチ陣と不協和音となり失速したのは記憶に新しい。また、アナリストを重用する球団も増えている。著者はその傾向を指して、選手に対する尊敬の無さの顕れであり、野球からエンターテインメント性を奪っていることだと直言する。

イチローが引退会見で発した、最近のメジャーリーグは「頭を使わずにプレーするようになった」という話と同根である。要は、
●データ有りきで、選手の判断に信頼を置いていない。
●ホームランか三振の大味な野球になりつつある。

読みながら、現在のプロ野球で用いられ、当たり前とされている作戦・戦術とは別の作戦の有用性をしばしば語り、その一方で「大局観」についても鋭い考察を披歴している。例えば、野村ID野球はあくまでも戦術であり、タイガースが勝てなかったのは、チームにエースと四番不在という戦力に乏しかったからで、ペナントレースの長丁場において、作戦でどうにかなる問題ではないという、どこかの思考停止の球団オーナーに聞かせてやりたい提言に溢れた好著でありました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月10日

MLBの選手の名前は聞いたことがあっても実際にどんな選手かよく分からなかったけど、この本を読んでこの選手のここが凄いというのが少し分かった。実際にプレーしてる映像を見てみたくなった。
NPBについても深く書かれておりファンである自分も知らないことがたくさんあった。
1度読んだだけでは頭に内容が入って...続きを読むない部分もあるので何度も読んでみようと思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年06月24日

 本書は,セイバーメトリックスに代表されるデータ分析によった選手評価・球団経営を批判し,「本当にファンが求めている野球とは何なのか,エンターテイメントと結果重視のバランスを再考する」(27頁)ことを目的としている。
 著者であるお股ニキ氏はTwitterのハンドルネームであって,もちろん本名ではない...続きを読む。しかし,いよいよ出版業界にも,HNとアカウント名で書を著す時代が来たものだ。
 本書の構成は,第1章で野球を再定義したのち,第2~3章でピッチング論を投球術と変化球の側面から,続く第4章でバッティング論,第5章でキャッチャー論,第6章で監督・采配論,第7章で球団経営・補強論,第8章で野球文化論を再考する。
 このうち,著者が最も力点を置いているのが,ピッチング論とキャッチャー論だと推測される。所詮,野球はバッテリーの存在を以て始まるスポーツであり,ピッチャーがいかなる球種を投じるか,そのボールをキャッチャーはいかに捕球して審判にストライクと言わしめるのかが重要だという証左でもある。
 我々団塊の世代Jr.が1970年代後半か,80年代前半にエポック社の電子野球盤で遊んでいた頃,ピッチャーの変化球といえば,スライダー,カーブ,シュート,フォーク,そこにチェンジアップが加われば良いほうだった。しかし,20-21世紀転換期あたりから,ピッチャーの球種はバラエティーに富み始めた。スプリット,ツーシーム,フォーシーム,カッター,シンカー等々,何が違うのかが,素人では明確に分からなくなってきており,複雑すぎた挙げ句,それがまた野球観戦をつまらなくさせてしまっている原因かもしれなかった。
 本書第3章のピッチング論後編(変化球編)では,その点を実に理論的に,かつ明確に解説してくれている。すなわち,ボールの変化方向としては,食い込むか逃げるかという横の変化と,ホップするか落ちるかという縦の変化が組み合わされて成り立つ。それを構成しているのが,ボールにかかる重力,抗力,揚力である。これらの力の作用が,ボールの回転方向,回転数,速度を決め,それぞれの結果によって,シンカー→チェンジアップ→スプリット→ツーシーム→フォーシーム→カッター→スライダー→カーブという順に,変化球が決まる。いわば,ピッチャーの投球とは力学の実践版であり,かなり頭を理論的に使うスポーツでもあることが,改めて認識される。
 他方,キャッチャーの役割として,著者はとりわけフレーミングの重要性を謳う。それは,けっして捕球してからミットを動かす「ミットずらし」ではなく,「ボールの軌道を読んで先回りしてから,アウトサイドインでミットの先端で捕球すると同時に真ん中に引き寄せる」(168頁)技術を表す。近年のキャッチャーは,先発・中継ぎ・抑え(あるいは敗戦処理)の各投手から各球種を捕球するとともに,NPBならば,交流戦の普及によってバッターに関する情報を対戦相手分整理しなければならなくなった。その点で,非常に重労働なポジションと化している。そうしたキャッチャーのツールとして,フレーミングを意識しておくことが,今後観戦の楽しみの一つとなろう。
 著者によるTwitterの呟きが,ダルビッシュ有投手のコメントを受け取るうちに,新書レベルまで発展した経緯については,甚だ驚くばかりである。野球を好きな一観戦者として,本書が上梓されたことを大いに歓迎したい。なお,「かつては新聞の巨人やホテル,土地,百貨店の西武が球界の中心」(281頁)とあるが,百貨店を擁するのは西武ホールディングスではない。今後訂正が求められよう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月11日

投手論は高度過ぎてついていけないところがあったけど、他はかなりおもしろい。編成論とか素人が一番とやかく言いたいところなのになかなか書くいてくれる人もいないし。そしてダルの懐の深さ、間口の広さ、そら変なのしょっちゅう釣ることになるやろな、とは思いつつこの本が世に出たのもダルのおかげなところがあるしなぁ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2021年01月11日

読み飛ばしてる章もあるが、第6章監督・采配論、第7章球団経営・補強論、第8章野球文化論が面白い

ゼロヒャクではない、8割の力感
長打中心打線の方が得点の分散が小さい

などが印象に残っている

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年10月16日

大学まで野球をやっていた者です。
打者の目線のブレ、再現性、確率論、、、野球を現役でやっていた頃には薄々気づいていたが、なかなか自分では口でうまく説明できなかったところを、言語化して論理的に解説してくれて、思わず相槌を打ちながら読み入ってしまった。
投手の話(変化球の回転など)は難しかったが、また読...続きを読むみ返して理解を深めたいと思う。
完全なタラレバだが、現役時代にこの本に出会っていたら多少は考えが変わっていたのかな?まぁ理解が追いつかなくて投げ出しているかもしれないけど(笑)
とにかく今でも極たまにではあるが野球中継を見たりするので、目線を変えて観戦してみたいと思うし、これからも野球のことを深く知りたいと思う。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

野球の見方が変わる

Md 2020年09月07日

著者のデータにもとづく分析力に驚きです。野球に直接関わらないからこそ客観的に見ることができるのだろう。

最近の野球はいろいろな指標が開発されて何が何だか分からなかったが、この本を読んで少しは理解できた。
配球や球種など、野球中継を見るときの見方が変わりそうだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月21日

最新の野球に関するデータと球界に蔓延る通説に関して細かく解説していく本。データを突き詰めると正解は見えるが、それがゲームの面白さ(=集客)に繋がるわけではないという点は完全に同意。変化球の章と各ページのおまけの選手紹介が特に面白かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年03月18日

 捕手、監督、球団、文化と後半を興味深く読んだ。
 
 「合成の誤謬」という術語が、なるほどと腑に落ちた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月04日

10年以上ほとんど見ていなかった野球というジャンルに引き戻す熱量を感じる一冊。自分の知識もセイバーメトリクス(マネーボール)で止まっていたが、この10年、理論がどのように進化してきたかを知ることが出来た。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年06月04日

野球好きは必読。野球観がまた深くなる。

動かすボールの大切さが分かる内容だったが、理想的なピッチャーがヤクルトにいなくね?って思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月01日

 ネットで持ち上げられた人が調子に乗って好き勝手書いてる本なんかな?と軽い気持ちで読み始めてみたが、とんでもない。実にしっかりとした「現代野球論」である。ピッチング、バッティング、キャッチング、采配、球団経営等々、現代野球がどのようなトレンドであるかを踏まえ、興味深く、面白い分析がなされていて、引き...続きを読む込まれて読んでしまう。特にピッチングの章は、著者本人が好き、ということもあり、読み応えがある。
 光文社新書といえば、バッタの本や土の本など、およそ深く気にしたことのない分野の専門家が、素人にその分野を分かりやすく、面白く紹介してくれる本があるが、この本は、野球(特に、「現代野球」)という競技を理解し、見つめ直し、新たな観戦の視点を得ることにはたいへん優れている。ただし、ある程度の野球に関する予備知識、観戦経験、こだわりがないと読み進めるのは難しいだろう。そういう意味では、大変面白い本なのだが、読み手を選ぶ一冊である。
 かくいう私もまだまだ理解不足。野球に関する分析、勉強を進めていくと、さらにこの本を深く味わうことができるのかもしれない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月30日

読み終わって、これまでとまた違う観点から野球が楽しめそうと感じた。F個人的に一番楽しめたのはピッチングの章。この本の終盤にも出ているが、自分もパワプロで変化球の軌道をイメージしていた人間なので、ある意味目からウロコな話題だった。Twitterアカウントも見てみようと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月20日

野球素人ながら多くのデータ分析、試合観戦で気付きあげたMLB、NPBに対する知見を惜しげもなく披露。送りバントは統計的にみても得点につながりにくいなど、現代の野球界にはびこる固定観念をくつがえす記述もみられ野球ファンは楽しく読める一冊ではないかと思います。この人が球団監督やコーチとして就任してもオモ...続きを読むシロイのでは、と思わせる内容です。本書のタイトルにある「~の落とし穴」は後半の1センテンスとして登場、データ分析は万能ではないと警鐘を鳴らす点もなかなかにバランス感覚のある著者であると感心させられるのです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年03月28日

<目次>
第1章  野球を再定義する
第2章  ピッチング編(前編~投球術編)
第3章  ピッチング編(後編~変化球編)
第4章  バッティング編
第5章  キャッチャー論
第6章  監督・采配編
第7章  球団経営・補強論
第8章  野球文化論

<内容>
タイトルで損をしている気もするが、野球好...続きを読むき、特にMLB好きなら「セイバーメトリクス」はもう常識なのかもしれない。数年前にベストセラーにもなった『マネーボール』の向こうを張れる本。ただ本人が素人なので、そのあたりで分が悪いが…。しかし中身はかなり本格的。第2,3,4章あたりの技術論はゾクゾクします。ボールの回転やバットコントロールの話。キャッチャー論も面白かった。
後半部分も著者の野球好きが芯からわかります。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月15日

連続ティーと右打ち重視の弊害、1番と3番の間に小者の2番打者を置く弊害、日本人の異常な送りバント信仰、一番いい投手を9回頭から使うのはもったいないなどなど、小生を含む多くの野球ファンが薄々感じていたことをズバズバと指摘して、「数字を見るまでもなく普通の感覚でわかることはある。」とバサッと斬ってくれる...続きを読む。ダルビッシュも参考にしたという変化球論はちょっと難しかったけれど、レベルの高い居酒屋野球論という感じで、プロや学者の本とちがって、とてもおもしろくて読後感もいい。
 そんな著者でも、2016年のファイターズの優勝は、「日米を通じてここまでエンターテイメントとインテリジェンスに満ちたチームは未だかつて存在しない」というのだからすばらしいね。

このレビューは参考になりましたか?